ページの先頭です

犬を飼うときは

[2013年1月4日]

マナーを守りましょう

愛犬家のエチケット


 犬の散歩には、必ずビニール袋などを持ってふんの後始末をしてください。

 放し飼いは絶対せず、犬小屋も清潔にしましょう。

狂犬病とは

どんな病気なの?

 

 狂犬病は人をはじめ、犬、猫などの哺乳類及び鳥類に感染します。

 一度発病すると治療方法はなく死亡率は、ほぼ100パーセントという恐ろしい病気です。

 この病気は、狂犬病ウィルスをもった犬に噛まれることから、その唾液中に含まれるウィルスにより感染します。

 

狂犬病を防ぐには

 

 日本において、過去いくどとなく流行を繰り返しきましたが、昭和25年に制定された「狂犬病予防法」に基づき

 犬の登録及び予防注射を徹底して行ってきたことにより、昭和31年以降は発生していません。

 しかし、海外では発症例が多く報告されており、いつ日本国内に狂犬病ウィルスが侵入してくるかわかりません。

 その際に、狂犬病予防注射の接種率が低ければ、日本国内でまん延してしまうことが想定されます。

 

 そこで、犬の登録と年1回の狂犬病予防注射の接種が義務づけられています。

犬の登録、狂犬病予防注射などの手続きについて

登録及び狂犬病予防注射について

 

●登録について

 生後91日以上の犬を飼っている人は、環境衛生課で登録をしてください。

 登録は生涯1回で、登録料は1頭につき3,000円です。

狂犬病予防注射について

 生後91日以上の犬を飼っている人は、毎年1回狂犬病予防注射、及び狂犬病予防注射済票の交付を受けてください。

 市では、毎年5月下旬から6月上旬にかけ、市内各所で集合注射を実施します。注射料金(手数料含む)は、1頭につき3,070円です。

 集合注射を受けられない場合は、お近くの動物病院でかならず注射を受けてください。注射料金は、動物病院にてお尋ねください。

登録事項の変更について

 

●住所や飼い主が変更したとき

 住所や飼い主などの登録事項を変更したときは、環境衛生課、各地域事務所、各サービスセンター、各支所(上石津地域)に犬の登録事項変更届出書を提出してください。

「犬の登録事項変更届出書」様式

 

●市内に転入したとき

 市内に転入してきたときは、環境衛生課に犬の登録事項変更届出書を提出してください。

 その際には、転入前の市町村で交付された鑑札や注射済票を持参して下さい。

「犬の登録事項変更届出書」様式

 

●市外に転出したとき

 市外に転出したときは、転出先の役所などで犬の登録事項変更の届出をしてください。

 その際には、大垣市で交付された鑑札や注射済票を持参してください。

 

犬が死亡したときは

 

●大垣市営斎場で火葬をおこなうとき

 窓口サービス課、各地域事務所、各サービスセンター、各支所(上石津地域)へ届け出て、鑑札及び注射済票を返却してください。

火葬の手続きについて

 

大垣市営斎場で火葬をおこわないとき、または既に死亡しているとき

 環境衛生課、各地域事務所、各サービスセンター、各支所(上石津地域)へ届け出て、鑑札及び注射済票を返却してください。または様式に鑑札及び注射済票を添付して郵送にて送りください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市生活環境部環境衛生課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る