ページの先頭です

介護保険の財源

[2015年4月1日]

<介護保険の安定的な運営の仕組み>

 介護保険制度が安定的に運営されるよう、いろいろな工夫がされています。

介護保険の財源

保険料50%

 第1号被保険者保険料 22%

  特別徴収※1
  普通徴収※2

 第2号被保険者保険料 28

  各医療保険者が医療保険料に併せて徴収

 ※1 特別徴収
 老齢・退職年金・遺族年金・障害年金が月額15,000円以上の方は、年金から天引きされます。

 ※2 普通徴収
 特別徴収(※1)以外の方は、市から送付される納付書にもとづき、個別に金融機関等を通じて納めていただきます。(口座振替もご利用いただけます。)

公費 50%

  【居宅給付費の場合】

  • 国・・・25 %(うち5%は調整交付金)
  • 都道府県・・・12.5%
  • 市町村 ・・・12.5%

  【施設給付費(特定施設含む)の場合】

  • 国・・・20%(うち5%は調整交付金)
  • 都道府県・・・17.5%
  • 市町村・・・12.5%

財政安定化基金の設置

 保険料未納による収入額の不足、保険給付費の予定以上の増加に対応するため設置されます。
 財源は、国、都道府県、市町村がそれぞれ3分の1ずつ負担します。

大垣市介護保険事業会計の執行状況

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部高齢介護課[1階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る