ページの先頭です

介護保険サービスを利用する場合の負担額

[2018年8月1日]

介護サービスの利用については、要介護度ごとに利用料が定められています。

居宅サービス利用限度額等

 介護サービスの利用にあたり、要介護度ごとに設定された限度基準額の範囲内で利用したときの自己負担は原則として1割、2割、3割です。限度基準額を超えた場合、超えた分の全額は自己負担となります。
 なお、居宅(介護予防)療養管理指導、居宅介護(介護予防)福祉用具の購入費や居宅介護(介護予防)住宅改修費、認知症対応型共同生活介護(短期利用を除く)、介護予防認知症対応型共同生活介護(短期利用を除く)、特定施設入居者生活介護、介護予防特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護は、この限度基準額に含まれません。

居宅サービス利用限度額等
認定区分 限度基準額(1か月) 
 要支援1 5,003単位
 要支援2 10,473単位
 要介護1 16,692単位
 要介護2 19,616単位
 要介護3 26,931単位
 要介護4 30,806単位
 要介護5 36,065単位

※サービス種類ごとに介護報酬の単位が決められています。「1単位=10円」が基本となりますが、事業所の所在地によって異なります。大垣市ではサービス種類により「1単位=10円~10.21円」の範囲で設定されています。

施設サービス利用費のめやす

 施設サービスとは、介護保険施設(特別養護老人ホーム等)に入所して受けるサービスです。

 ■施設の種類ごとの施設サービス費のめやす

 (自己負担割合:1割、部屋の種類:多床室、要介護度:要介護5 の場合)

施設サービス費のめやす(30日)
施設の種類施設サービス費のめやす
介護老人福祉施設25,219円
介護老人保健施設32,398円
介護療養型医療施設   38,056円
介護医療院40,520円

  ※施設サービスの費用は、要介護度や施設の体制、部屋のタイプによって異なります。
  ※居住費、食費、日常生活費は別途負担となります。

施設でのサービス利用時の「居住費」および「食費」


■特別養護老人ホームを利用する場合

負担限度額
利用者負担段階負担限度額
区 分対象者居住費(滞在費)日額食費
第1段階・市民税非課税世帯で老齢福祉年金を受給されている方
・生活保護を受給されている方
ユニット型個室820円日額 300円
ユニット型個室的多床室490円
注) 従来型個室320円
多床室0円
第2段階・市民税非課税世帯の方で、前年の合計所得金額(年金収入にかかる所得分を除く)、課税年金収入額、非課税年金収入額の合計が80万円以下の方ユニット型個室820円日額 390円
ユニット型個室的多床室490円
注) 従来型個室420円
多床室370円
第3段階・市民税非課税世帯の方で、前年の合計所得金額(年金収入にかかる所得分を除く)、課税年金収入額、非課税年金収入額の合計が80万円超の方ユニット型個室1,310円日額 650円
ユニット型個室的多床室1,310円
注) 従来型個室820円
多床室370円
第4段階・上記以外の方負担限度額なし負担限度額なし

※居住費および食費の軽減を受けるためには、申請が必要です。
注) 介護老人保健施設及び介護療養型医療施設を利用する場合は、第1段階・第2段階は日額490円、第3段階は日額1,310円です。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部高齢介護課[1階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


介護保険サービスを利用する場合の負担額への別ルート

ページの先頭へ戻る