ページの先頭です

東海都市連携協議会

[2010年7月21日]

東海都市連携協議会

 本市では、東海大都市地域における主要都市が相互に連携、交流を図り、もって各都市共通の諸問題の解決や魅力の向上、圏域全体の活性化等を図るため、協同による調査研究及び緊密な情報交流等を行う、「東海都市連携協議会」に参加しています。

 

1.業務

  • 東海大都市地域における主要都市の連携、交流及び共通する課題に関する調査研究
  • 主要都市相互の情報交流、意見交換
  • 他の団体等への情報提供、提言
  • その他、協議会の目的達成に必要な事項

 

2.組織

(1)構成都市

  • 静岡県:浜松市
  • 愛知県:名古屋市、豊橋市、岡崎市、豊田市
  • 岐阜県:岐阜市、大垣市
  • 三重県:鈴鹿市、津市、四日市市

 

(2)組織

  • 協議会は、構成都市の企画担当課長級の職にある者及び企画担当の課長補佐または係長級の職にある者をもって構成する
  • 協議会の代表は、名古屋市の企画担当課長級の職にある者
  • 協議会の副代表は、浜松市の企画担当課長級の職にある者
  • 協議会に議長を置き、議長は、会議開催ごとに各市の企画担当課長級の職にある者が持ち回る
  • 事務局は、名古屋市総務局企画部企画課内に置く

 

3.設立年月日

  • 平成20年7月18日

 

4.これまで取り組んだ調査研究のテーマ

  • 平成20年度 より良い市民参画のあり方について 
  • 平成21年度 市町村合併と広域連携について
  • 平成22年度 低炭素社会の実現に向けて
  • 平成23年度 メインテーマ「都市交通について」、サブテーマ 「防災等について」
  • 平成24年度 調査研究テーマ「都市魅力について」、情報交換テーマ「総合計画について」
  • 平成25年度 広域交通インフラの整備を見据えた対応について
  • 平成26年度 圏域の発展の方向性と広域連携のあり方について
  • 平成27年度 メインテーマ「圏域の視点からの大学との連携について」、サブテーマ「人口減少社会を見据えた都市間連携について」
  • 平成28年度 メインテーマ「圏域における広域観光交流について」、サブテーマ「地方創生推進交付金について」

 

東海都市ネットワーク協議会

 本市は、東海大都市地域における主要都市が相互に連携・交流を図り、各都市共通の諸問題の解決や魅力の向上、圏域全体の活性化等を図るため、協力して調査研究等を行うため、「東海都市ネットワーク協議会」に平成12年度から参加しました。
 協議会は、平成19年度をもって解散され、東海大都市地域の主要都市は、「東海都市連携協議会」に活動の場を移しました。

 

1.業務

  • 東海地域における主要都市の連携、交流に関する調査研究
  • 主要都市相互の情報交流、意見交換
  • 連携、交流に資する施策・事業等の実施

 

2.組織体制

(1)構成都市

  • 静岡県:浜松市
  • 愛知県:名古屋市、豊橋市、岡崎市、豊田市
  • 岐阜県:岐阜市、大垣市
  • 三重県:鈴鹿市、津市、四日市市

 

(2)組織

  • 顧問:前記10都市の企画担当部長の職にある者
  • 委員:前記10都市の企画担当課長の職にある者(代表委員:名古屋市総務局企画部企画課長)
  • 幹事:前記10都市の企画担当課長補佐または係長の職にある者
  • 事務局:名古屋市総務局企画部企画課

 

3.これまで取り組んだ調査研究のテーマ

  • 平成12年度 大学と地域の連携・交流について
  • 平成13年度 大学と地域の連携・交流について
  • 平成14年度 新事業・新産業創出のあり方について
  • 平成15年度 環境先進地域の構築に向けた取り組みについて
  • 平成16年度 資源循環型社会における自治体のあり方に関する調査研究
  • 平成17年度 シティプロモーションに関する調査研究
  • 平成18年度 シティプロモーションに関する調査研究
  • 平成19年度 コンパクトシティに関する調査研究

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部地域創生戦略課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る