ページの先頭です

奥の細道むすびの地記念館名誉館長講演会の整理券配布は終了しました

[2013年3月29日]

名誉館長講演会

 奥の細道むすびの地記念館名誉館長講演会の整理券は、好評につき予定枚数に達したため、配布を終了させていただきました。ご了承ください。(平成24年9月3日)
黛まどか氏

 
 奥の細道むすびの地記念館では、俳句や展示に関する様々な講演会や講座を開催しております。この「名誉館長講演会」では、大垣市奥の細道むすびの地記念館の名誉館長である黛まどか氏に、奥の細道をテーマに講演していただくものです。
 皆様、お誘い合わせの上、ご参加ください。なお、この講演会は事前に整理券が必要です。

日時

 平成24年11月10日(土曜日)
 14時00分から15時00分

場所

 大垣市総合福祉会館 5階 ホール
 (大垣市馬場町124番地)

講師

 黛 まどか 氏
 (奥の細道むすびの地記念館名誉館長)

 俳人。神奈川県生まれ。1994年、「B面の夏」50句で第40回角川俳句賞奨励賞受賞。1996年、俳句誌「月刊ヘップバーン」創刊・主宰(2006年、通巻100号を機に終刊)。1999年、北スペイン・サンティアゴ巡礼道約800kmを徒歩で踏破したのに続き、2001年から2002年、四季にわたり5回訪韓し、釜山からソウルまでの道のり約500kmを徒歩で踏破。2002年、『京都の恋』で第2回山本健吉文学賞受賞。2009年12月、2011年6月上演のオペラ「万葉集(明日香風編・二上挽歌編)」の台本を手がける。2010年4月から2011年3月、文化庁「文化交流使」としてパリを拠点に活動。現在、「日本再発見塾」呼びかけ人代表、「公益財団法人東日本鉄道文化財団」評議員、「国立新美術館」評議員、「公益社団法人日本ユネスコ協会連盟」未来遺産運動賛同人、「NPO法人日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会」理事、京都橘大学客員教授。
 主な著書に、句集『B面の夏』(角川書店)、『花ごろも』『京都の恋』(以上、PHP研究所)、『忘れ貝』(文學の森)、『てっぺんの星』(本阿弥書店)、紀行『星の旅人』(角川文庫)、『サランヘヨ』(実業之日本社)、『文豪、偉人の「愛」をたどる旅』(集英社)、エッセイ『知っておきたい「この一句」』(PHP文庫)、『あなたへの一句』(バジリコ)、『その瞬間』(角川学芸出版)、『引き算の美学』(毎日新聞社)など。

黛まどか公式ホームページ http://madoka575.co.jp

演題

 おくのほそ道~名残の裏、大垣

定員

 300人(先着順)

受講料

 無料(要整理券。予定枚数に達したため、配布を終了させていただきました。ご了承ください。

整理券配布について

 予定枚数に達したため、配布を終了させていただきました。ご了承ください。

サイン会

 講演会終了後、講演会会場の出口で開催します(15時15分から16時15分を予定)
※講演会会場で本を購入した人のみ、本にサインをさせていただきます。

主催

 大垣市、大垣市教育委員会

ダウンロード

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市教育委員会事務局文化振興課[北庁舎3階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


奥の細道むすびの地記念館名誉館長講演会の整理券配布は終了しましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る