ページの先頭です
メニューの終端です。

出生届

[2014年7月17日]

戸籍の届出について

 私たちが、日本国民であることを登録し、証明するのが戸籍です。出生や婚姻、転籍などを記録して、夫婦や親子などの関係を公証する大切なものです。

 戸籍の置かれている場所が、その人の本籍地です。届け出先は、窓口サービス課のほか、各地域事務所・各市民サービスセンター・各支所(上石津地域)でもできますので、ご利用ください。

 なお、婚姻などの届け出には本人確認が必要となります。運転免許証など本人確認できるものをお持ちください。

出生届

窓口 窓口サービス課・各地域事務所・各市民サービスセンター・各支所(上石津地域)

 

届出の種類

赤ちゃんが生まれたとき 出生届

届出に必要なもの

  • 出生届書
    (医師または助産師の証明書が必要)
  • 印鑑
  • 母子健康手帳
  • 生まれた子が加入する健康保険被保険者証

届出期間

  • 子が出生した日を含んで14日以内
    国外で出生があったときは3か月以内

届出地

  • 生まれた子の父または母の本籍地
  • 届出人の所在地
  • 子の出生地

   の市区町村役場

届出人

  • 生まれた子の父または母

    (父または母の署名押印があれば、出生届の提出は、代理の方で結構です)

    父も母も届出人になれない場合は、

    第1に同居人、第2に医師、助産師、その他の立会人の順で届出人になることができます

 

その他

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

大垣市福祉部窓口サービス課(市民)[1階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム