ページの先頭です

建て替え・共同化(市街地の再開発事業)によるまちづくり

[2014年4月23日]

目的

 老朽建築物などが密集している、あるいは土地の高度利用が十分に図られていない市街地において、建築物や公共施設(街路・公園・広場等)を整備することにより、都市防災、都市アメニティの向上を図り、新たな拠点形成による地域の活性化を進めようとするものです。

手法

 都市再開発を進めるには、地区の現状と将来の市街地像に応じて、適切な手法を選択し、整備を進めていかなければなりません。その主な手法は「市街地再開発事業」と「優良建築物等整備事業」があげられます。

相違点

 「市街地再開発事業」は、都市再開発法に基づいて進められる都市計画事業であるのに対し、「優良建築物等整備事業」は、国の制度要綱に基づく比較的規模の小さい任意の再開発です。
 事業を進める上での手続きや補助の内容などは、異なっています。

支援

LEVEL1・事業の初動時

 中心市街地での建て替え・共同化を推進しようとする団体に対し、ご相談のうえ、調査研究や活動に伴う財政支援をします。

 再開発の実施を目的として組織され、規約等を定め活動を行っている団体に対し、会議費や調査研究費、広告費等の経費の一部を補助するもの。
※組織区分により、補助額を算定(大垣市市街地再開発準備組合等補助金交付要綱)

LEVEL2・事業の方針決定時

 中心市街地の土地利用の高度化、防災機能の向上を図るため、老朽建築物や低未利用地の再開発事業の補助制度を活用します。

実績

共立中央ビル(Kix)

大垣市郭町2丁目地区 優良建築物等整備事業

共立中央ビル(Kix) 地上11階 地下1階
着手 平成 6年 7月
竣工 平成 8年 3月

※市街地の再開発について、ご不明な点があれば、市街地整備課再開発G(内線657)へご連絡ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市都市計画部市街地整備課〔東庁舎3階〕

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る