ページの先頭です

第3次大垣市男女共同参画プラン

[2013年3月21日]

第3次大垣市男女共同参画プラン ~一人ひとりが輝き、ともに参画する社会~

プラン策定の趣旨

 本市では、男女共同参画社会の実現をめざし、平成12年に「大垣市男女共同参画プラン」、その後平成15年に「大垣市男女共同参画推進条例」を制定、平成17年には、男女共同参画都市宣言を行い、全市的に男女共同参画に関する取り組みを推進してきました。

 しかし、依然、固定的な性別役割分担意識が払拭しきれない現状があり、職場や地域社会における男女共同参画の推進に課題がみられます。本計画は、第2次プランの計画期間の終了を受け、近年の社会情勢の変化に対応しながらも、男女共同参画社会の実現に向け、施策を見直し、新プランを策定するものです。

プランの性格と期間

 本プランは「大垣市男女共同参画推進条例」を踏まえるとともに、「大垣市第五次総合計画」を上位計画として、関連諸計画との適合性を図るものです。

 なお、計画期間は平成25年度を初年度として、平成29年度までの5年間とします。

DV防止対策基本計画について

 国では、平成13年にDV防止法が制定されました。この法律により、配偶者からの暴力を防止し、被害者を保護するための施策の必要性が位置付けられました。

 本プランでは、犯罪ともなる重大な人権侵害であるDVの防止を目的に、「基本目標4 男女間の暴力を防止する社会づくり」を「大垣市DV防止対策基本計画」として位置づけ、施策を展開します。

プランのめざす姿

 一人ひとりが社会へ参画し、自己実現できる社会は、男女がともに責任を担い、協力し合って社会のあらゆる分野に参画する男女共同参画社会の実現でもあります。

 このため本プランでは、「一人ひとりが輝き、ともに参画する社会」をめざす姿とし、その実現に向け、重点項目を掲げて男女共同参画を推進します。

◆重点項目◆

1 男女が働きながら子育てや介護を可能にするさらなる環境整備(ワーク・ライフ・バランスの推進)

2 政策・方針決定過程への女性の参画の推進

3 地域や家庭での役割分担の見直しにつながる男女共同参画

4 女性に対するあらゆる暴力を根絶する基盤整備

第3次大垣市男女共同参画プラン

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市かがやきライフ推進部まちづくり推進課[ハートリンクおおがき(スイトピアセンター学習館1階)]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る