ページの先頭です

償却資産Q&A

[2013年12月20日]

Q1 賃貸ビル等の家屋にテナントが取り付けた特定付帯設備とは、どのようなものが該当するのでしょうか?

A1  賃貸ビルなどを借り受けて事業をされている方が、事業を営むために取り付けた電気、ガス、給排水、衛生設備等や外壁、内壁、天井、造作、床仕上げおよび建具などが特定付帯設備に該当します。

   また、内装費として計上された費用も償却資産に該当します。

Q2 耐用年数を経過し、残存簿価1円まで減価償却が終わった減価償却資産も、償却資産の申告をするのですか?

A2  法人税法又は所得税法上、減価償却が終わり残存簿価だけが計上されている資産についても、本来減価償却できる資産に変わりなく、その資産が事業に使用できる状態におかれている限り課税客体となるため申告が必要になります。

   なお、固定資産税における評価額の最低限度額は、取得価額または改良費の額の100分の5に相当する額です。

Q3 償却資産の取得価額を算定する場合、消費税額についてはどのように取り扱えばよいのでしょうか?

A3  法人税又は所得税において、税抜経理方式を採用している場合には消費税額を含まない金額となり、税込経理方式を採用している場合には含んだ金額となります。

Q4 雑貨店を営むものですが、償却資産としては看板(40万円で購入)と陳列棚(35万円で購入)が該当しますが申告は必要なのですか?

A4  取得価額が合計75万円ですので課税標準額は更に減価した額となります。課税標準額が150万円未満の場合は免税点未満となり税金はかかりませんが、申告をしていただく必要があります。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市総務部課税課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


償却資産Q&Aへの別ルート

ページの先頭へ戻る