ページの先頭です

主要施設の概要

[2009年3月11日]

主要施設の概要一覧
施 設 名 称形 状 寸 法数 量摘 要
                      旧:旧施設  

流 入 渠

高段 Φ1,500mm
低段 Φ1,650mm
圧送 Φ 900mm
1本
1本
1本
16号+24号幹線
 1号+25号幹線
47号幹線
沈 砂 池高段 巾2.5m×長10.0m×深0.737m
低段  3.0m× 10.0m× 0.896m
2池
2池
重力式平行流矩形
主ポンプ設備

高段 Φ500mm×30立方メートル/分×13.0m×100Kw
低段 Φ500mm×35立方メートル/分×16.0m×130Kw        〃 Φ400mm×21立方メートル/分×15.1m× 79kw

3台
2台      1台

立軸斜軸渦巻ポンプ
最 初 沈 殿 池巾14.8m×長28.0m×深3.0m4池平行流長方形池
反 応 タ ン ク巾7.7m×長53.2m×深6.0m
旧 :4.8m× (44.3m×2列)×4.2m
6池
4池
散気式旋回流方式
曝 気 設 備Φ250×Φ200× 80立方メートル/分×6.5mAq×160Kw
Φ350×Φ300×166 ×6.5 ×230Kw
旧 : Φ250×Φ200× 50 ×5.2 × 90Kw 
2台
1台
3台
多段ターボブロワー
最 終 沈 殿 池巾14.8m×長40.4m×深3.5m
旧 :14.6m× 39.0 ×2.74m
3池
2池
矩形一方向常流式
塩 素 混 和 池巾4.0m×長(18.85m×4列)×深6.0m1池迂回流長方形水路式
放流ポンプ設備Φ1,100mm×144立方メートル/分×7.0m×280Kw1台立軸斜流渦巻ポンプ
汚泥濃縮設備重力濃縮:内径16.0m×深3.0m
機械濃縮:40立方メートル/時
1槽
1台
円形放射流式
ベルト式
汚泥消化タンク1次・径22.0m×深12.0m
2次・径22.0m×深12.0m
1組嫌気性加温式2段消化
ガスタンク内径 15.5m×高17.2m×2,500立方メートル1基無水低圧型
汚泥脱水設備

160kg/m時  ベルト巾3.0m               216kgDS/時 (スクリーン径Φ800mm)

2台      1台

横型ベルトプレス型ろ過機 圧入式スクリュープレス

自家発電設備1,250KVA1台静止励磁型
管理本館鉄筋コンクリート造り、地下2階、地上3階
床面積7,266平方メートル、中央管理室、水質試験室
汚水ポンプ室、ブロワー室、電気室、事務室
自家発電室、沈砂池室、工務員室、脱臭気室
 下部沈砂池
水処理棟鉄筋コンクリート造り、地下1階、地上2階
床面積11,563平方メートル、最初沈殿池
反応タンク、最終沈殿池、脱臭気室、電気室
 上部覆蓋
汚泥処理棟鉄筋コンクリート造り、地下1階、地上2階
床面積2,528平方メートル、脱水機室、ボイラー室
脱臭気室、電気室、監視室、汚泥ポンプ室
  

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市水道部浄化センター

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る