ページの先頭です

カミツレ生産日本一

[2015年4月10日]

カミツレ(カモミール)

大垣市カミツレ生産日本一

大垣市における特産物として、大垣市の気候・土地条件に適し、低コストで収益性の高い薬草のカミツレ(カモミール)を栽培しています。市内南部を中心に、その生産量は日本一といわれています。

カミツレはヨーロッパ原産のキク科の2年草で、除虫菊を小型にしたような花形をしており、りんごのような香りがあることが特徴です。昭和59年に発足した大垣市薬草組合が主体となって取り組んでいます。

栽培するにあたり、機械化ができず、一連の作業が手作業中心のため、生産者の高齢化などにより、年々生産量は減少してきていますが、安全・安心なカミツレを生産するために平成16年より化学合成肥料、農薬を使用しない栽培に取り組んでいます。

大垣市で生産したカミツレは東京に本社をもつカミツレ研究所に出荷され石鹸や入浴剤などの製品になっています。

大垣市で生産されたカミツレ製品の販売について

  • カミツレ研究所

〒135-0043
東京都江東区塩浜2-25-14

ホームページ:http://www.kamitsure.co.jp/

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市経済部農林課[弘光舎ビル7階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る