ページの先頭です

商業統計調査

[2009年3月17日]

 行政管理課統計調査グループ>商業統計調査

商業統計調査とは

  商業統計調査は、国内における商業活動の実態を明らかにするため、日本全国にあるすべての商業事業所(卸売業、小売業)を対象として実施する調査であり、昭和27年に第1回調査を行って以来、昭和51年までは2年ごとに、平成9年までは3年ごとに調査を実施しました。平成9年以降は5年ごとに「本調査」を実施し、中間年(本調査の2年後)に「簡易調査」を実施しており、直近では平成19年に本調査を実施しました。
 その後、全国すべての企業・事業所を対象とする「経済センサス」(基礎調査・活動調査)が創設されたことに伴い、既存の大規模統計調査の枠組みの見直しが行われ、従前の商業統計調査(簡易調査)で把握すべき事項は「経済センサス‐活動調査」で把握することとし、商業統計調査(本調査)は「経済センサス‐活動調査」実施年の2年後に実施することとなりました。

 詳しくは、経済産業省のホームページをご覧ください。

結果公表

○ 商業統計調査の結果については、大垣市統計書(平成27年度版) 7.商業をご覧ください。

○ 経済センサスの結果については、大垣市統計書(平成27年度版) 5.事業所をご覧ください。

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市総務部行政管理課[4階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る