ページの先頭です

犯罪発生状況

[2010年10月19日]

犯罪発生状況について

【刑法犯発生状況】
刑法犯の発生件数は平成14年をピークに年々減少してきましたが、平成20年は3,114件となり前年までの減少傾向が止まってしまいました。内訳では自転車盗や車上狙い、空き巣被害が多く発生しています。中でも「自転車盗」は平成15年以降増加傾向にあります。

◆発生場所は、大垣駅周辺の駐輪場や大型商業施設での被害が目立ち「無施錠」被害が約半数を占めています。

刑法犯発生状況
発生件数街頭犯罪侵入犯罪その他
ひったくり自動車盗オートバイ盗自転車盗車上ねらい部品ねらい自販機ねらい空き巣忍び込み
 H21 2,720   10   31    60   536   264   162    59     73    28 1,497
 H20 3,114   13   33    52   759   330   122    42   136    51 1,576
増減数 △394 △3  △2    8 △223  △66   40    17 △63 △23  △79

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市生活環境部生活安全課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る