ページの先頭です

介護保険の保険料と納め方

[2015年4月1日]

介護保険の保険料と納め方

 皆さんに納めていただく保険料は、わたしたちのまちの介護保険を運営するための大切な財源となります。

 介護サービスが充分に整えられるように、そして介護が必要となったときには、安心して介護サービスが利用できるように、保険料の納付にご協力ください。

【第1号被保険者】65歳以上の人

  • 所得に応じて保険料が決まります。
  • 老齢・退職年金・遺族年金・障害年金が月額15,000円以上の方は、原則として年金から天引きされます。それ以外の方は納付書を送付しますので、もよりの金融機関で納めていだきます。(納め忘れの無いよう安心・便利・確実な口座振替をお勧めします。)
  • 市の介護サービス水準によって他の市町村とは異なります

【第2号被保険者】40歳以上65歳未満の人

  • 加入している医療保険の算定方式により決まります。
  • 現在支払っている医療保険料と一括して納めます。
  • 健康保険では、給料に応じて異なります。
  • 国民健康保険では、所得、資産等に応じて異なります。
  • 健康保険の被扶養者の保険料(40~65歳未満のみ)は、加入している医療保険の被保険者が皆で負担しますので、原則として直接の負担はありません。

 

介護保険料
【第1号被保険者】【第2号被保険者】
対象者65歳以上の人40歳以上65歳未満の医療保険に加入している人
介護保険料〔表1〕参照加入している医療保険の算定方法に基づいて設定
保険料の支払方法・年金額が一定額以上(月額15,000円以上)の人は、年金から天引き
・それ以外の人は納入通知書等によって個別に市に納める 
医療保険料と一括して納入
〔表1〕大垣市の第1号被保険者の介護保険料年額(平成27年度から平成29年度)
所得段階年間保険料 対象となる人 

第1段階

(基準額×0.45)

 30,024円

生活保護受給者、老齢福祉年金受給者で市民税非課税世帯の人など


世帯全員が市民税非課税で前年の課税年金収入額と前年の合計所得金額を合わせた額が80万円以下の人など

第2段階

(基準額×0.65)

 43,368円世帯全員が市民税非課税で前年の課税年金収入額と前年の合計所得金額を合わせた額が80万円を超え120万円以下の人など

第3段階

(基準額×0.75)

 50,040円世帯全員が市民税非課税で第1段階、第2段階以外の人など

第4段階

(基準額×0.9)

 60,048円世帯の誰かに市民税が課税されているが、本人は市民税非課税で前年の課税年金収入額と前年の合計所得金額を合わせた額が80万円以下の人など

第5段階

(基準額)

 66,720円世帯の誰かに市民税が課税されているが、本人は市民税非課税で第4段階以外の人など

第6段階

 (基準額×1.2)

 80,064円本人が市民税課税で前年の合計所得金額が120万円未満の人など

第7段階

(基準額×1.3)

 86,736円本人が市民税課税で前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満の人など

第8段階

(基準額×1.5)

 100,080円 本人が市民税課税で前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満の人など

第9段階

(基準額×1.7)

 113,424円 本人が市民税課税で前年の合計所得金額が290万円以上490万円未満の人など

第10段階

(基準額×1.75)

 116,760円本人が市民税課税で前年の合計所得金額が490万円以上690万円未満の人など

第11段階

(基準額×1.8)

 120,096円本人が市民税課税で前年の合計所得金額が690万円以上の人

   ※保険料額は原則として3年ごとに見直されます。

保険料を滞納すると

  • 1年以上滞納すると・・・介護サービスを受けたとき、介護費用をいったん全額負担していただくことになります。
    《申請により介護保険給付分(9割または8割)が戻ってきます。》
  • 1年半以上滞納すると・・・一時的に給付の一部または全部を差し止められます。
  • 2年以上滞納すると・・・サービスを利用するときに、未納期間に応じて自己負担が1割または2割から3割に引き上げられたり、高額介護サービス費が受けられなくなります。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部高齢介護課[1階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る