ページの先頭です

肝機能障害による身障者手帳の交付を開始

[2010年1月15日]

 平成22年4月から、肝臓機能障害による身体障害者手帳の交付が始まります。対象者は手続きをお願いします。

・対象 : 認定基準(※)に該当する肝臓機能障害のある人、肝臓移植を受け、抗免疫療法を実施している人
・手続き : 2月1日から申請書、身体障害者手帳指定医が作成した診断書、顔写真(縦4センチメートル×横3センチメートル)を社会福祉課へ提出
・問い合わせ : 同課障害福祉係(内線 478)または県身体障害者更生相談所(TEL 058-231-9715)へ

※認定基準……主として肝臓機能障害の重症度分類によって判定します。3か月以上グレードCに該当する人は、おおむね身体障害者手帳の交付対象者になります。ただし、診断前の6か月間にアルコールを摂取している人などは対象となりません。


(平成22年1月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る