ページの先頭です

火災・地震に対して備えを確認

[2010年2月1日]

一斉放水で、水門川上空に沸き立つ水柱

一斉放水で、水門川上空に沸き立つ水柱


各団のまといを掲げ、堂々と分列行進

各団のまといを掲げ、堂々と分列行進



消防出初め式 ~ 防災のリーダーとして ~

 市内の消防関係機関が一堂に会する消防出初め式が1月10日、東外側町2丁目の水門川沿いを中心に行われました。
 出初め式には、消防団員や消防職員、事業所自衛消防隊員、女性防火クラブ員、少年消防クラブ員ら約750人と車両51台が参加。
 小川市長や野村市議会議長らによる閲団を受けた後、水門川沿いに並べられた消防ポンプ車から、上空に向けて一斉放水。見学者らは、地域の安全を守る消防団員の頼もしい姿に見入っていました。
 その後、勇壮な分列行進でスイトピアセンターへ向かい、消防活動に功績のあった皆さんの表彰式典を行いました。
 式典では、小川市長が「消防団の皆様には、地域防災活動を支えるリーダーとして、大きな期待を寄せている」と式辞を述べ、団員らは防火・防災への誓いを新たにしました。


総合防災訓練 ~ 地域防災力の向上目指し ~

 1月16・17日に、市内13会場で総合防災訓練が行われ、約1,200人の市民が参加しました。
 このうち、自宅近くで発生した災害に対処する「発災対応型訓練」に取り組んだ会場では、大きな揺れの地震が発生したという想定で実施。
 一時避難所まで避難の後、消防団員や消防職員の指導で、初期消火、けが人の応急手当や搬送方法などの訓練を行いました。
 17日は、阪神・淡路大震災からちょうど15年――。いつ発生するか分からない災害に備え、参加者の皆さんは真剣な表情で訓練に取り組んでいました。


バケツリレーによる初期消火

バケツリレーによる初期消火


(平成22年2月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る