ページの先頭です

対象年齢の人に交付した無料クーポン券で子宮頚部がん検診を受けましたか

[2010年2月1日]

使用期限は、平成22年3月31日です

 市が昨年7月に特定の年齢の女性を対象に発送した、子宮頚部がん検診の無料クーポン券の使用期限は、平成22年3月31日です。
 子宮頚部がんは近年増えていますが、早期に発見すれば、治療可能ながんです。まだ検診を受けていない人は、この機会にぜひクーポン券を使って受診してください。
 検診の受け方や実施医療機関などは、クーポン券に同封してある受診の案内をご覧ください。

≪対象者≫
 平成21年3月31日現在で、20・25・30・35・40歳の女性
 対象者のうち平成21年6月30日現在で大垣市に住民登録がある人に無料クーポン券などを発送してあります。

≪無料となる検診内容≫
 子宮頚部がん検診 <問診・視診・細胞診(追加検診は有料)>

≪クーポン券の再交付など≫
 対象となる人で、無料クーポン券を紛失した人や受け取っていない人、転入してきて大垣市の無料クーポン券をお持ちでない人(他市町村で無料クーポン券を使った人は除く)には、クーポン券を再交付しています。
 本人確認のできるもの(運転免許証、健康保険証など)を持って、大垣・上石津・墨俣の各保健センターまでお越しください。

≪クーポン券を使わずに市の子宮頚部がん検診を受けた人へ≫
 対象となる人で、平成21年4月1日以降に、無料クーポン券を使わないで市が実施した子宮頚部がん検診を受けた人には、自己負担額(1回分のみ)を還付します。
 還付の手続きは、使わなかった無料クーポン券、検診の領収書、振込口座の分かるもの、印鑑を持って、平成22年2月26日までに、大垣・上石津・墨俣の各保健センターまでお越しください。
 詳しくは、大垣市保健センター(TEL 75-2322)でお尋ねください。


(平成22年2月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る