ページの先頭です

後期高齢者医療制度 平成22・23年度の保険料率が決定 ―平成21年度と同率―

[2010年3月1日]

保険料 限度額50万円(年額)=均等割額39,310円+所得割額[所得×7.39%]

◆平成22・23年度の保険料
 平成22・23年度の後期高齢者医療制度の保険料率が、上文のとおり決定しました(平成21年度と同率)。
 保険料率は、岐阜県後期高齢者医療広域連合が決定し、岐阜県内均一で定められ、2年ごとに見直されます。
 保険料は、被保険者1人当たりの均等割額と所得に応じた所得割額の合計で個人ごとに決められます。
 平成22年度の保険料額は、7月に決定され同月中旬にお知らせします。ただし、特別徴収(年金天引き)の人は、4月支給の年金から仮算定の保険料を天引きします。
 また、世帯の所得によって保険料の軽減措置があります(平成21年度と同様)。

◆保険料のお支払い方法の変更
 保険料を特別徴収(年金天引き)でお支払いされている人は、普通徴収(口座振替)でのお支払いに切り替えることができます。口座振替によるお支払いを希望される人は、窓口サービス課にお問い合わせください。
 その他詳しくは、窓口サービス課医療給付係(内線 484・485)へ。


(平成22年3月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る