ページの先頭です

花と緑あふれる大垣 見どころ紹介!!

[2010年3月1日]

詳しくは、都市施設課(内線 678)へ。

 厳しい寒さも和らぎ、春の足音が近づいてきています。
 これから日差しが暖かくなり、緑もお目覚め。公園などにはきれいな花が咲き、私たちの心を和ませてくれます。
 今回は、市内の花と緑の名所の一部を紹介します。四季を彩る花を探しに、家族で出かけてみませんか。


緑豊かな「四季の里」

 市は、公園緑地などの公共施設の敷地内で、四季折々の花や香り、実などを楽しめるよう、既存の樹木を生かしながら新たに植栽を行い、やすらぎのある緑の空間づくりを進めています。

モクレン 浄化センター(見ごろ:3月下旬~4月中旬)

 敷地内の緑地と外周に約200本のモクレンが植えられ、花を見ながら周遊できるようになっています。白色のハクモクレンと赤紫色のシモクレンがあり、木全体に直径10~15センチメートルほどの優雅な香りのある花を咲かせます。

モクレン

サクラ 大垣公園(見ごろ:3月下旬~4月中旬)

 カンザクラやシダレザクラ、ソメイヨシノ、ウコンサクラなど約30種200本が植えられています。
 さまざまな花の色や形を楽しめ、市内外から多くの行楽客が訪れるサクラの花見の名所です。

サクラ

ツツジ 浅中公園(見ごろ:4月中旬~5月下旬)

 ヒラドツツジ、サツキツツジ、ドウダンツツジなど約6品種45,000本が植えられています。

ツツジ

フジ 赤坂スポーツ公園(見ごろ:5月上旬~中旬)

 公園の外周道路を中心に、全長約840メートル、面積約4,430平方メートルのフジ棚を設け、アケボノフジ、アカバナフジ、ナガフジ、カピタンフジなど約25品種280本が植えられています。東海地区でも最大級の規模を誇ります。
 見ごろを迎えると、広い多目的芝生広場やテニスコートなどを囲むように、白や薄紫色のフジの房が垂れ下がり、甘い香りが辺り一面に漂うなか、訪れた人たちが散策を楽しんでいます。

フジ

ボタン かみいしづ緑の村公園(見ごろ:5月上旬~中旬)

 公園内のカヤ葺き古民家前にあるボタン園に、エチゴジシやキンカクなど約60種880本のボタンが植えられています。
 赤や白、ピンクなどの花が素晴らしい香りを放ちながら咲き誇ります。

ボタン

ハナショウブ 曽根城公園(見ごろ:6月上旬~中旬)

 園内にある菖蒲池に約80種17,000株のハナショウブが植えられています。
 白や紫、黄色など色とりどりの花が咲き誇ります。
 見ごろを迎えると、夜間のライトアップも行われます。

ハナショウブ

アジサイ 犀川堤・犀川河川公園(見ごろ:6月上旬~中旬)

 墨俣の新しい名所にしようと「すのまた犀川あじさい街道」の整備が進められています。
 犀川堤には現在までに、1キロメートルにわたって約3,100本のアジサイが植えられ、青や白、赤紫色などの花を咲かせます。

アジサイ

キク 杭瀬川スポーツ公園(見ごろ:7月~10月)

 小菊や孔雀草、友禅菊など、小さくて色が豊富な品種を中心に約4,200本が植えられています。
 広い敷地内には、四季折々の花も植えられ、春にはスイセンやアジサイなどが楽しめます。

キク

サザンカ 美濃国分寺跡歴史公園(見ごろ:12月~2月)

 公園の外周約800メートルの生垣を中心に、約31品種5,500本のサザンカが植えられています。
 寒い時季に、赤い花を咲かせ雪景色のなかでもよく目立ちます。白や桃色のものもあります。

サザンカ

ツバキ 三城公園(見ごろ:2月)

 ヤブツバキやユキツバキなど約280品種600本が植えられています。
 深さ約135メートルから自噴する井戸と噴水も整備され、憩いの場として皆さんに親しまれています。

ツバキ

夏の風物詩 ヒマワリ畑

真夏の日差しを浴びて咲き誇る休耕田のヒマワリ

真夏の日差しを浴びて咲き誇る休耕田のヒマワリ


 休耕田を利用した広大なヒマワリ畑が、毎年市内で場所を変えて栽培されています。大垣の夏の風物詩として人気を集め、大勢の人が訪れて、元気いっぱいに咲くヒマワリを楽しみます。
 詳しくは、農林課(内線 525)へ。

桜並木を楽しもう!! 見ごろ:3月下旬~4月上旬

【大垣】奥の細道むすびの地ほか

 水門川を覆うようにサクラが咲き、水面に浮かぶ屋形船や住吉燈台、赤い橋との美しい風景を作り出します。
 その他、笠縫堤や金生山、情報工房周辺などでも楽しめます。

奥の細道むすびの地

【上石津】牧田川の堤防ほか

 時地区の百聞沖堤防や一之瀬橋周辺などの牧田川の堤防に桜並木があり、山里に咲くサクラを抜群のロケーションで楽しむことができます。
 かみいしづ緑の村公園のサクラもきれいです。

牧田川の堤防

【墨俣】犀川堤

 毎年、多くの観光客でにぎわう犀川堤のサクラ。約2キロメートルにわたり1,000本のソメイヨシノが見事な「桜のトンネル」を作ります。
 ぼんぼりの灯りに照らし出された夜桜も風情があります。

犀川堤

おすすめスポット(1) 「大島堤」

色とりどりの花が咲く大島堤サイクリング道

色とりどりの花が咲く大島堤サイクリング道


 大島堤サイクリング道(曽根城公園~津村町の津布良公園、全長約4キロメートル)沿いは、春から秋にかけて、シャスターデージーやポピー、紫ばれん菊、コスモスなどが次々と咲き変わり、遊歩道としても親しまれています。
 ソメイヨシノが5~6列に植えられているところもあり、桜並木の見事な風景を楽しめます。

大島堤の桜並木

大島堤の桜並木

おすすめスポット(2) 水門川遊歩道「四季の路」

 水門川沿いに整備された遊歩道「四季の路」。大垣駅東の愛宕神社から、船町の奥の細道むすびの地までの2.2キロメートルにおよぶ花と緑あふれる遊歩道です。
 四季折々の街路樹が植えられ、道行く人の目を楽しませます。

水門川沿いに整備された「四季の路」

水門川沿いに整備された「四季の路」

まだまだあります 「春の花」の見どころ

 「四季の里」や「桜並木」のほかにも、市内には春に楽しめる花があります。ぜひ、お出かけください。


シダレザクラ

見ごろ:3月下旬~4月上旬 (郷土館ほか)

郷土館のシダレザクラ

郷土館のシダレザクラ

カミツレ

見ごろ:4月下旬~5月上旬(多芸島地区)

カミツレ畑

カミツレ畑

菜の花

見ごろ:3月~4月(揖斐川河川敷、上石津町牧田地区、墨俣一夜城址公園東の長良川堤ほか)


ハナミズキ

見ごろ:4月中旬~下旬(万石などの市道<はなみずき通り>、大垣駅南口広場ほか)

はなみずき通り

はなみずき通り

ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)

見ごろ:5月上旬~下旬(四季の路、大垣駅北の県道ほか)


フジ

見ごろ:5月上旬~中旬(西公園、多良峡森林公園ほか)


ヒラドツツジ

見ごろ:5月上旬~下旬(県道高屋桧線、三城公園のテニスコート西ほか)


バラ 

見ごろ:5月中旬(四季の路<新大橋東側>ほか)

四季の路に咲くバラ

四季の路に咲くバラ


(平成22年3月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る