ページの先頭です

健康で 明るく暮らす いつまでも 3月1~8日は『女性の健康週間』

[2010年3月1日]

 女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごせるよう、厚生労働省は、毎年3月1日から8日までを「女性の健康習慣」と定めています。
 バランスの良い食生活や適度な運動を続け、定期的な健康診断・検診を受けながら、健康維持を心がけましょう。

最近の女性の健康問題

低体重(やせ)が招く危険性

 平成20年国民健康・栄養調査において、20歳代の女性のうち肥満度の指標「BMI(注)」が18.5未満である低体重(やせ)の人の割合が22.5%との結果が出ています。
 若いうちの不適切なダイエットで骨密度が低下すると、年をとってから骨粗しょう症を発症するリスクが高まるといわれており、健康に悪影響を及ぼしかねません。

(注) BMI(ボディ・マス・インデックス)=体重[キログラム]÷身長[メートル]÷身長[メートル]

乳がん・子宮頚がんは増加傾向

 日本人女性の約20人に1人が乳がんになるといわれており、その患者数は増え続けています。
 近年は毎年1万人以上の人が乳がんで亡くなっており、30~64歳の女性の部位別がん死亡数の第1位は乳がんです。
 また、子宮がんは、部位によって「体がん」と「頸がん」に分けられますが、近年、20~30歳代の若年層において子宮頸がんの発症率が急激に増加しています。

多くの女性が経験する更年期障害

 50歳前後に訪れる閉経をはさんだ前後10年間である更年期には、卵巣機能の衰えによって、女性ホルモンが極端に減少します。
 このため、心や体にさまざまな症状が現れるのが更年期障害で、多くの女性がのぼせ、ほてり、動悸、イライラなど何らかの症状を経験するといわれています。

健康を保つポイント

「食」が健康の源

・食事は1日3食、時間を決めてゆっくり食べる。
・主食、主菜、副菜、乳製品、果物など料理の品数を増やしてバランスよく食べる。

日々の運動で筋力アップ

・ウォーキングなど手軽にできる運動を継続的に行う。
・買い物など近い場所への移動には、自動車ではなく、自転車を利用する。

健康診断・検診のススメ

・定期的に健康診断を受け、自分の健康状態を知り、生活習慣の改善に生かす。
・がんの早期発見・治療のため、定期的に検診を受け、気になる症状があれば、早めに病院で受診する。
・更年期症状は、多様で個人差もあるため、気になったら診察を受ける。

ご利用ください! 各種健診・相談

 市では、病気の予防や早期発見を図るため、各種がん検診、成人健康診査、骨粗しょう症検診、健康相談などを定期的に行っています。
 対象者や日時などは、本紙「健康ガイド」に随時掲載しますので、積極的にご利用ください。
 詳しくは、大垣市保健センター(TEL 75-2322)へ。


(平成22年3月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る