ページの先頭です

「お父さん 眠れてる?」3月は、自殺対策強化月間

[2010年3月15日]

 国内の自殺者数は、平成10年から12年連続で3万人を超えています。その中でも、中高年男性の自殺がもっとも多く、自殺は、がん、心疾患、脳血管疾患の三大死因に匹敵する問題となっています。
 中高年の自殺で、「うつ」が起因しているものは少なくありません。その「うつ」の症状の中で、もっとも自覚しやすいものは「不眠」です。
 疲れているのに眠れない日が2週間以上続く場合などは、早めに病院で受診してください。

あなたも自殺予防の主役

 口数が少なくなったり、飲酒量が増えるなど、心の悩みを抱えている人が発するサインに、周りの人が気づけるかどうかが自殺予防の大きなポイント――。
 家族や仲間の様子・変化に気を配り、サインに気づいた時は、早めに専門家に相談するよう促し、暖かく寄り添いながら、見守りましょう。


(平成22年3月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る