ページの先頭です

大垣市防災センター(馬の瀬町)

[2014年4月1日]

 大垣市は、揖斐川、長良川をはじめ多くの河川が網目状に流れる水郷地帯で、上石津町を除くほぼ全域が海抜3~6メートルの低地であり、豊かな水の恵みを受ける一方、水との戦いを続けてきました。

 このような中、大規模な洪水などが発生した場合に対処するため、国土交通省が「揖斐川大垣河川防災ステーション」を整備し、緊急時のためのヘリポートや水防資材(テトラポット・土砂)を備えました。市も国と連携し、防災力のさらなる向上を図るため「大垣市防災センター」を整備しました。

防災センターの機能

 防災センターは、災害時に市対策本部と連携して情報収集、応急対策および復旧を迅速に行う拠点となる施設で、防災用資材の備蓄を図るとともに、緊急車両用車庫には、国土交通省が排水ポンプ車および照明車の配備をしています。

 また、平常時には、防災意識の向上を図るため、防災活動に従事している団体などの講習会や小学生の防災学習などにも活用されます。

施設案内図

防災センターのご案内

 開館時間   午前9時~午後9時まで

 休館日    年末年始(12月29日~1月3日)

 利用区分   午前:午前9時~午後1時まで

          午後:午後1時~午後5時まで

          夜間:午後5時~午後9時まで

 防災センターを使用できるのは次の団体です。

         ・防災活動に従事している団体

         ・防災活動を支援している団体

         ・河川環境の保全に資する活動に従事している団体

 

料金表
 午前午後夜間全日
午前9時から
午後1時まで
午後1時から
午後5時まで
午後5時から
午後9時まで
午前9時から
午後9時まで
 会議室1 820円 820円 820円2,460円
 会議室2 820円 820円 820円2,460円
 会議室1・21,640円1,640円1,640円4,920円

    ※会議室使用時に冷暖房を使用する場合は上記の使用料が必要です。

    ※防災センターの利用、見学を希望される方は事前に管理課へ申請及び申し込みが必要です。

 

防災センター使用申込書・見学申込書様式

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市建設部管理課[弘光舎ビル3階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る