ページの先頭です

水防工法大会開かれる

[2010年6月1日]

力を合わせて工法に取り組む水防団員の皆さんの写真

力を合わせて工法に取り組む水防団員の皆さん


~本番同様の環境で 速さと正確さを競う~

降りしきる雨の中団員ら約700人が参加


 私たちを水害などの危険から守ってくれる水防団――。
 団員の皆さんは、それぞれに職業を持ちながらも、水害などの際には、最も身近な防災組織として水防活動にあたります。
 市などは、水防団員の皆さんの協力を得て、大雨などによる水害の危険が高くなるこの時季に毎年、水防工法大会を行っています。
 5月23日に杭瀬川スポーツ公園西の杭瀬川右岸堤で行われた今年の大会には、降りしきる雨の中、市内26水防団の団員など約700人が参加しました。
 競技は、1袋30キログラムの土のうを40袋作る「土のう拵え工」や堤防に土のうを積み上げる「積土のう工」、堤防のり面が漏水した際の応急措置となる「月の輪工」など5種目。
 団員らは、ぬかるんだ斜面に足を取られながらも、きびきびとした動きで競技に取り組み、本番さながらの技を披露しました。
 このほか、岐阜県西濃建設業協会による重機を使った「せき板工」も行われました。
 各競技の優勝チームは次のとおりです。

◎土のう拵え工/A班=中川分団、B班=南分団、C班=洲本分団、D班=上石津町第2・第4分団
◎積土のう工/天端の部=和合分団、のりはらの部=浅草分団
◎シート張り工/西分団
◎月の輪工/洲本分団
◎杭打ち積土のう工/赤坂分団


(平成22年6月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る