ページの先頭です

国民健康保険 減額認定証の更新手続きを ~入院時の食事一部負担金など~

[2010年7月15日]

8月1日~

【更新対象の認定証】
○国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証
○国民健康保険限度額適用認定証
○国民健康保険標準負担額減額認定証


 上記の認定証は、いずれも7月31日で有効期限が切れます。現在、認定証をお持ちの人は、8月1日から印鑑とお持ちの認定証を持参のうえ、窓口サービス課で更新の手続きをしてください(土・日曜日、祝日を除く)。
 平成22年度の住民税非課税世帯の国民健康保険加入者および国民健康保険高齢受給者は、認定証の交付を受けると、1食につき260円の定額一部負担となっている入院時の食事代が、下表のとおり減額されます。また、70歳未満の人でも、入院時の医療費が高額になった場合、窓口での支払いが自己負担限度額までとなります。
 詳しくは、同課(内線 452~455)へ。

70歳未満の人 (国民健康保険加入者)
適用区分負担額(1食)
住民税非課税世帯の被保険者210円
上記の人のうち、過去1年間で入院日数が90日を越える被保険者160円
70歳以上の人 (国民健康保険高齢受給者※)
適用区分負担額(1食)
低所得者2※210円
上記の人のうち、過去1年間で入院日数が90日を越える被保険者160円
低所得者1※100円


※高齢受給者=70歳から74歳までの人(後期高齢者医療受給者を除く)
※低所得者1=住民税非課税世帯で、世帯全員の所得がない世帯
※低所得者2=住民税非課税世帯で、低所得者1以外の世帯


(平成22年7月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る