ページの先頭です

9月は消費者啓発強化月間

[2010年9月1日]

 高齢者を狙う悪質商法や振り込め詐欺などの被害が、市内で発生しています。
 悪質業者は、高齢者が抱える「健康」「お金」などの不安につけこみ、言葉巧みに狙ってくるため、日ごろから被害に遭わないように注意が必要です。特に、「無料で○○」「絶対もうかる」など甘い言葉にだまされないようにしましょう。また、高齢者だけでなく、インターネットなどを利用して若者なども狙っています。
 悪質な訪問販売や電話勧誘販売など、「被害に遭った」「おかしいな」と思ったら、市消費生活相談室(TEL 75-3371)にご相談ください。
 市は、9月を「消費者啓発強化月間」と定め、このような悪質商法や振り込め詐欺などに対する意識を高めるため、次の事業を催します。

▼消費者啓発キャンペーン
・とき : 9月2日(木) 午後4時~5時
・ところ : アクアウォーク大垣


▼悪質商法対策研修会
・とき : 9月22日(水) 午前10時~11時30分
・ところ : 総合福祉会館5階ホール
・内容 : 寸劇による悪質商法の手口の紹介とその対策


▼夜間「多重債務・消費生活」相談
・とき : 9月16日(木)・28日(火) 午後5時~8時
・ところ : 市役所1階第3会議室
・相談員 : 司法書士、消費生活相談員
・内容 : クレジットやサラ金などの借り入れ、契約トラブルなどの相談(司法書士相談は予約制)

 予約など詳しくは、まちづくり推進課(内線 264)へ。


(平成22年9月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る