ページの先頭です

12月11日~20日 年末の交通安全県民運動

[2010年12月1日]

~無事故で年末 笑顔で年始~

 12月11日から20日まで、年末の交通安全県民運動が、県下一斉に繰り広げられます。
 無事故で年末を過ごし、笑顔で年始を迎えましょう。

●飲酒運転の根絶
 この時期、忘年会などで飲酒する機会が増えるかと思います。車で飲食店へ行くときは、飲酒しない人(ハンドルキーパー)を決め、乗り合わせて行きましょう。また、前日のアルコールが残っていないか、翌朝にチェックしましょう。

●高齢者の交通事故防止
 夕暮れから夜間にかけて外出するときは、明るい色の服と反射材を着用しましょう。また、運転者は、早めのライト点灯を心がけるとともに、状況に応じてハイビーム(上向きライト)を活用し、遠方の視界確保に努めましょう。

●すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
 運転席、助手席はもちろん、後部座席もシートベルトの着用を徹底。乳幼児には、体格に合ったチャイルドシートを使用しましょう。


<死亡事故多発 要注意!>
 10月以降、県内の交通事故死亡者数が急増しています。10月は1か月間で、19人の方が亡くなり、9月に比べ15人増と著しく増加しています。
 10月の死亡者19人中7人が道路横断中の高齢者で、うち5人が薄暮時の事故で亡くなっています。
 道路を横断する場合は「止まる」「見る」「待つ」「確かめる」をいま一度徹底し、交通事故防止に努めましょう。


(平成22年12月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る