ページの先頭です

河川への油の流出に注意

[2010年12月1日]

 寒くなるこれからの季節、暖房機器の利用が増え、各家庭でも灯油を扱う機会が多くなります。
 近年、灯油タンクなどのバルブや栓の閉め忘れ、給油時にその場を離れたりすることが原因で、河川への油の流出事故が多発しています。給油時は、流出に十分注意するとともに、タンクや配管を日常から点検することが大切です。
 また、油の流出事故が発生した場合や流出を発見した場合、直ちに環境衛生課(内線 413)や西濃振興局環境課(TEL 73-1111)、最寄りの消防署へ連絡をお願いします。


(平成22年12月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る