ページの先頭です

第5回大垣市こどもIT講座「インターネットで親子アニメ体験」を開催しました!

[2011年1月19日]

 平成23年1月10日(月・祝)、大垣市情報工房で、第5回大垣市こどもIT講座「インターネットで親子アニメ体験」を開催しました。
 講座には、市内の小学生とその保護者の26組が参加し、インターネットのマナーや効果的な検索方法を学んだり、インターネット上で動くアニメのプログラムを体験しました。

 参加した子どもたちからは、「少し難しかったけれどアニメを作ることができて楽しかった」「アニメを動かすことが大変なことがわかった」などの声が聞かれました。
 また、講師やサブ講師の方々は、参加者の子どもらしい感性や個性豊かな作品に驚いていました。           

講座の様子

講師自己紹介

講座の様子1

 講座は、講師を務めるヤフー株式会社の佐竹正範さんの自己紹介からスタート。参加者は、佐竹さんが携わる仕事の説明を興味深く聞き入っていました。
 また、佐竹さんからは、参加者のインターネット体験についての質問がありました。今回の参加者は小学4・5年生でしたが、みんなインターネットを利用しているようです。

※講師は、当初予定していた箕輪憲良さんから、急遽、佐竹正範さんに変更となりました。

1時間目:インターネットのルールを学ぼう!

講座の様子2

 1時間目は、「インターネットのルールを学ぼう!」です。
 楽しいインターネットですが、守らなければならないルールやマナーがあります。そこで、講師の佐竹さんから、インターネットを楽しむときの5つのルールを教えてもらいました。
 その後、簡単なテストをしましたが、みんな満点でした!


2時間目:検索を使いこなしちゃおう!

講座の様子3

 2時間目は、「検索を使いこなしちゃおう!」です。
 講師の佐竹さんは、職場へ大垣土産を買って帰らねばなりません。そこで、みんなで大垣土産を検索することにしました。
 『Yahoo!きっず』で「大垣」と検索すると、大垣に関するいろんなページが出てきます。その中から名物や土産を探す検索のコツを教えてもらいました。中には、保護者の方も知らないコツもあったようです。
 さて、佐竹さんは、無事大垣土産を買えたでしょうか?

3時間目:動くアニメを作ってみよう!

  好きなキャラクターでストーリーづくり

講座の様子4

 3時間目はいよいよアニメ制作です!
 まずは、今回使用するソフト、文部科学省の「プログラミン」の簡単な説明を受けて、アニメで使うキャラクターを選びました。その後、実際のアニメなどでも使われるストーリーボードに、自分で考えた物語を書き込んでいきました。

  プログラミング!

講座の様子5

 自分で作ったストーリーボードに沿って、「プログラミン」でキャラクターの動きをプログラムしていきます。
 思ったとおりの動きにならない時は、講師の佐竹さんやサブ講師の情報ボランティアの方々に助けてもらいます。休憩も忘れ、プログラミングに熱中です!
 そしてでき上がった作品は、とてもユニークなものでした!

  発表タイム!

講座の様子6

 最後は発表タイムです!
 作った人は前に出て、自分の名前、作品のタイトルやストーリーを紹介し、作品をみんなに見てもらいます。
 短時間で作った作品ですが、どれもこれも素晴らしい力作ばかり。みんなも自分の作品に満足のようです。
 発表後は大きな拍手に包まれました。

みなさんの作品

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部情報企画課[大垣市職員会館4階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


第5回大垣市こどもIT講座「インターネットで親子アニメ体験」を開催しました!への別ルート

ページの先頭へ戻る