ページの先頭です

第1回市議会臨時会 議員定数を2減の24人に

[2011年2月15日]

4月の市議会議員選挙から適用

 第1回市議会臨時会が1月28日に開かれました。
 平成22年度一般会計補正予算が上程され、小川市長が幼稚園および小・中学校耐震補強事業、ワクチン接種緊急促進事業など総額23億6,770万円となる補正予算の提案説明を行いました。
 議案は、担当委員会に付託。審査後、委員長報告が行われ、原案どおり可決されました。
 その後、議員定数を26人から2人減の24人にする議員提出議案を上程。原案どおり可決されました。
 議員定数の削減は、36人から4人減とした平成10年、32人から4人減とした平成14年、さらに合併に伴う上石津・墨俣選挙区の定数(各2人)を加えた32人から6人減とした平成18年の改正に続くもので、改選に合わせ4回連続となります。
 今回の改正で24人となった定数は、地方自治法に規定されている議員定数の上限34人(市の人口が10万人以上20万人未満の場合)を10人下回る水準で、今年4月24日執行予定の選挙から適用されます。
 なお、同選挙は、合併以来3選挙区にわかれていた市全域を1選挙区として行われます。


(平成23年2月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る