ページの先頭です

特集 5月1日から変わります!自転車駐車のルール

[2011年3月1日]

大垣駅西自転車駐車場の写真

平日午前7時30分の大垣駅西自転車駐車場

大垣駅周辺

<問い合わせ先>
生活安全課 内線(423、424、427)


 通勤・通学などで大垣駅を利用する多くの皆さんが、駅周辺にある市営自転車駐車場を利用しています。
 ところが、放置自転車が多く駐車スペースがない、自転車を盗まれたといった問題が発生しています。
 市は、これらの抜本的な解決を目指し、5月1日から大垣駅周辺における自転車駐車のルールを変更します。皆さんのご理解とご協力をお願いします。
 今回は、その背景や内容をご紹介します。


現状と課題

夜間以外は、ほぼ満車の状態
 大垣駅周辺には、駅西、駅東、駅北の3か所の市営自転車駐車場があり、収容台数は合計で3,794台(平成20年度末時点)。
 毎年4月に行っている自転車駐車場の駐車台数調査によると、利用のピークを過ぎた午後8時時点でも、駐車台数(下表)は、約2,900台~3,500台と高い水準で推移。平日の朝など通勤・通学で混雑する時間帯には、ほぼ満車になり、通路にはみ出して駐車されている状況です。

大垣駅周辺自転車駐車場の駐車台数
調査日時自転車駐車台数(台)
大垣駅西
<収容1,987>
大垣駅東
<収容767>
大垣駅北
<収容1,040>
合計
<収容3,794>
平成18年4月13日午後8時時点1,6058371,0763,518
平成19年4月12日1,5858159973,397
平成20年4月10日1,4076868282,921
平成21年4月9日1,5037071,0913,301
平成22年4月8日1,4697258123,006


一向に減らない放置自転車
 市は、限られた駐車スペースを占拠する長期放置自転車の撤去を年4回行い、3駐車場合計で毎年、約1,300台~1,600台を撤去していますが、その数は一向に減らず、抜本的な解決にはつながっていません。
 また、撤去した自転車に所有者の情報がないため、連絡をとれない場合が多く、撤去台数のうち所有者に返還できた台数は、全体の10%程度にとどまっています。

自転車の撤去作業の写真

長期放置自転車の撤去作業(大垣駅西自転車駐車場)


放置自転車は路上にも
 大垣駅周辺の自転車駐車場がほぼ満車の状態であることも一因となり、路上の放置自転車が後を絶ちません。昨年5月31日の調査では、午前10時に210台、午後3時に205台を確認しました。
 歩道や道路上の放置自転車は、歩行者や緊急車両の通行を妨げ、災害時の活動にも支障を及ぼします。
 また、大垣の玄関口である駅周辺の景観を損なうなど、さまざまな弊害をもたらしています。

歩道に放置された自転車の写真

大垣駅前の歩道に放置された自転車


犯罪の約20%が自転車盗
 市内の犯罪発生件数は、ざまざまな防犯対策を行ったこともあり、平成14年をピークに減少傾向ですが、その約20%は自転車盗が占めています。さらには、自転車盗の約30%~40%が大垣駅周辺で発生しています(下グラフ参照)。
 自転車盗の被害を未然に防ぐには、自転車防犯登録や二重ロックなどの所有者の管理が有効ですが、「自由に出入りできる」、「誰も見ていない」などの駐車場の環境も、自転車盗の背景になっています。
 なお、大垣駅西・駅東・駅北の3か所の自転車駐車場は、県内の自転車駐車場の中でも、自転車盗の発生件数が多い施設となっています。 

市内の犯罪発生件数および自転車盗発生件数の図

市内の犯罪発生件数および自転車盗発生件数

対策の方針

(1)利用者の利便性・安全性を高めるため、盗難・放置自転車を減少させる対策として、自転車駐車場の管理を有料制とし、開場時間中は職員が常駐します。

(2)大垣駅周辺の良好な環境を確保し、その機能の低下を防ぐため、地域住民や商店街に配慮しながら、自転車等の放置禁止・整理区域を指定します。

 大垣駅周辺の自転車駐車場の利用方法を変更することによって、駐車場はより便利で安全になりますが、路上の放置自転車が増加することも考えられます。(1)と(2)の対策を併せて行う必要があります。

5月1日からスタート! 自転車駐車場の有料化 放置禁止・整理区域の指定

 こうした大垣駅周辺における自転車駐車の課題を解決するため、5月1日(日)から、大垣駅西・駅東・駅北の3か所の自転車駐車場を下表のとおり有料化します。その上、開場時間中は職員を常駐させ、スライド式ラックを整備するなどし、より便利で安全な施設にします。
 併せて同日から、大垣駅周辺の歩道・道路上に放置自転車が増加しないよう、「自転車等放置禁止区域」と「自転車等放置整理区域」を指定します。なお、周知のため、自転車駐車のルールや放置禁止・整理区域を表した看板などを設置します。

左右に可動するスライド式ラックの写真

自転車の出し入れの際、左右に可動するスライド式ラック



「自転車等放置禁止区域」とは?

自転車等放置禁止区域マーク

自転車等放置禁止区域マーク(外枠・斜線は赤色)

この区域内に放置された自転車や原動機付自転車は、直ちに市保管所へ移動する対象となります。



「自転車等放置整理区域」とは?

自転車等放置整理区域マーク

自転車等放置整理区域マーク(外枠・斜線は黄色)

この区域内に2時間を超えて放置された自転車や原動機付自転車は、市保管所へ移動する対象となります。


自転車等放置禁止区域・放置整理区域図
駐車料金(いずれの駐車場も同一料金)
利用区分利用単位駐車料金
自転車原付など
定期利用一 般1か月2,000円3,600円
3か月5,700円10,200円
6か月10,800円19,400円
学生
※高校生
以上
1か月1,500円3,600円
3か月4,200円10,200円
6か月8,100円19,400円
一時利用1回100円200円

・中学生以下の利用は、無料です。
・身体障害者手帳または戦傷病者手帳の交付を受けている人は、料金の免除を受けられます。
・一時利用の「1回」とは、午前5時から翌日午前1時までの間の入場から退場までのことです。同日中の再入場や、退場が午前1時をまたいだ場合などは、さらに1回分の料金が必要です。

有料化される市営自転車駐車場
番号自転車駐車場名利用できる車両収容台数(台)利用時間
定期利用一時利用
(1) 大垣駅西自転車1,2815561,837午前5時
~翌日午前1時
※上記以外の時間は閉鎖
原動機付自転車、
自動二輪車
10446150
(2)大垣駅東自転車728172900
(3)大垣駅北
※新設
自転車1,0452761,321
原動機付自転車、
自動二輪車
(125CC以下のみ)
501363
合計3,2081,0634,271←477台の増
北自転車駐車場の写真

5月1日にオープンする大垣駅北自転車駐車場

 定期利用の申込受付は、4月2日(土)から行う予定です。
 申込方法など詳しくは、本紙3月15日号とともに配布するチラシでお知らせします。


(平成23年3月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る