ページの先頭です

特集 スポーツ少年団 心地よい汗を流す元気な子どもたち

[2011年3月15日]

剣道少年団の写真

剣道少年団


 子どもたちの遊びが変わってきています。屋外での鬼ごっこ、かくれんぼといった体を使った遊びから、屋内でピコピコとゲームに熱中する子どもたちが増えてきています。
 「子育て日本一」を目指す大垣市は、心豊かで笑顔あふれる元気な子どもたちの育成に努めています。
 今回の特集では、体力増強の絶好の機会となる「スポーツ少年団」について紹介します。

 大垣市スポーツ少年団について詳しくは、同団ホームページをご覧いただくか、大垣市体育連盟(TEL 78-1122)でお尋ねください。


子どもたちの時間の使い方

 子どもたちは、普段どのような生活をしているのでしょう。下のグラフは、昨年4月、全国の小学6年生を対象に国が行った調査の結果です。仮に午後4時に下校・帰宅し10時に寝るとするなら、「4時間以上」と答えた子どもたちは、家庭で過ごす時間の半分以上をテレビの前で過ごしていることになります。

普段(月~金)、1日当たりどのくらいの時間、テレビやビデオ・DVDを見たり、聞いたりしますか?

1日当たりテレビ等の視聴時間の円グラフの図

普段(月~金)、1日当たりどのくらいの時間、テレビゲームをしますか?

1日当たりテレビゲームで遊ぶ時間の円グラフの図

 また、同様に国が小学5年生を対象に行った別の調査では、1週間の総運動時間が1時間に満たない子どもたちが、平成22年度は男子で10.5%、女子は24.2%いることが明らかになっています。


現代っ子の運動能力は?

 体を動かすことの少なくなった子どもたちの体力はどうなっているのでしょう。こちらは、昭和60年時と平成22年時の11歳の運動能力などの全国平均を比較したデータです。

現代っ子の運動能力 
基礎的運動能力の比較男子女子
S60年H22年S60年H22年
握力(キログラム)18.3516.9116.9316.37
50メートル走(秒)9.059.389.349.65
ソフトボール投げ(メートル) 29.9425.2317.6014.55

 近年、若干の上昇傾向はみられるものの、25年前の昭和60年時に比べると、運動能力が低下しているのが分かります。
 私たちの暮らしが豊かになるにつれ、ライフスタイルは変化し、利便性を求め「体を動かす」機会が減ってきています。こうした傾向が、子どもたちにも表れてきているのではないでしょうか。


少年団活動で元気っ子に!

 大垣市スポーツ少年団は昭和40年に設立され、現在は22種目100単位団に分かれ、団員約2,800人、公認指導者約560人が、元気に活動しています。
 各少年団では、毎週土曜日・日曜日を中心に、それぞれの競技分野で試合や練習に汗を流すほか、レクリエーションや野外活動などにも取り組んでいます。
 このほか、少年団同士の親睦を深めるための交流大会や6年生を対象としたリーダー宿泊研修会を行うなど、協調性や団結力を養う活動にも力を入れています。
 また、指導者の皆さんも、忙しい合間を縫って指導力アップのための研修会や勉強会などを繰り返すほか、技術力の向上を目指すだけでなく節度や礼儀なども指導し、子どもたちの健全育成に努めています。

≪スポーツ少年団4つの願い≫
(1)スポーツの大好きな少年少女の育成と、生涯を通してスポーツを楽しむことのできる人間育成をめざす
(2)活動を通して自分にも未知であった可能性を見出す
(3)子どもたちの素質を大いに伸ばし、記録に挑戦する
(4)各種交歓大会を通して勝負のきびしさと醍醐味を味わう


多彩な種目の中から選べます

大垣市スポーツ少年団(22種目)
団体名単位団団体名単位団
健民(複合スポーツ)少年団9団なぎなた少年団1団
柔道少年団2団バレーボール少年団11団
サッカー少年団13団民踊少年団5団
ミニバスケットボール(ミニバス)少年団1団体操少年団1団
野球複合少年団19団ハンドボール少年団1団
ソフトテニス少年団4団ラグビーフットボール少年団1団
陸上少年団1団バドミントン少年団6団
テニス少年団1団相撲少年団1団
少林寺拳法少年団1団卓球少年団3団
空手道少年団6団レスリング少年団1団
剣道少年団10団ソフトボール少年団2団

 関心のある少年団があれば大垣市体育連盟(TEL 78-1122)へお電話ください。お近くの活動場所や指導者などをご紹介します。また、入団は年間を通じ、いつでもできます。


もしもに備え、スポーツ安全保険

 活動中の事故に備え、団員の皆さんにはスポーツ安全保険に加入していただいています。この保険は、5名以上の社会教育団体を対象に、掛け金は600円から加入できます。保険期間は1年間。少年団活動に限らず、文化活動やPTA活動、地域のボランティア活動など幅広い活動に対して利用でき、とっても便利な保険です。
 申し込み方法や保障の内容など詳しくは、社会教育スポーツ課(内線 757)でお尋ねください。


頑張る姿を応援してください!

 目を輝かせ、心地よい汗を流す子どもたち。お子さんの試合や練習で頑張る姿をご覧になったことはありますか。保護者の皆さんも少年団活動に、ぜひご参加ください。応援だけで体は動かさなくとも、スポーツの楽しさを感じることはできると思います。

ラグビーフットボール少年団の写真

ラグビーフットボール少年団

入団のきっかけ作りに「おおがきっずスポーツスクール」

 子どもの運動能力の低下を冒頭に紹介しましたが、一昨年、大垣市体育連盟が行ったアンケート調査では、80%を超える子どもたちが“スポーツ好き”と答えています。
 そこで、同体育連盟はスポーツ学の研究に力を入れる岐阜経済大学と連携し、昨年7月から、小学1・2年生を対象に「おおがきっずスポーツスクール」を開いています。
 全10回を1期とし、年間に3期開催。参加料は1人1期3,000円。毎回工夫を凝らした内容で、遊びを通じて楽しく運動することができます。募集は広報などで行います。少年団入団のきっかけ作りとしていかがですか。
 詳しくは、大垣市体育連盟へ。

ボール遊びの写真

元気よくボール遊び

少年期における運動の重要性について

大垣女子短期大学学長(元大垣市民病院院長) 中野 哲さん

中野哲さんの写真

 両親からの遺伝子を受け継いでこの世に生を享けた子どもは、家族中心の幼児期を経て、少年期にはもっと広い人々や自然との交流を介して成長していく。すなわち、生物学的な「ヒト」は、幼・少年期のさまざまな環境によって社会的動物としての「人」となる。
 特に、少年期は幼年期と思春期の間にあって人間の基礎を作る最も重要な期間である。この頃は、脳が人生の中で最もスピーディに成長し、この脳の発育に連動しながら順次、身体も育っていく。
 心身の健全な発育には、大自然との接触や適度な食事、運動を含む生活習慣の維持、さらには家族や友達との交流など外部からの刺激が必要となる。「子は宝」と言い、その宝を磨き育てることが大人の責任であるが、その磨き方が大切となる。
 家庭では、子どもをパソコンやゲームなど一人遊びに追いやったりせず、友達や親子で一緒に遊ぶ、家の手伝いをさせるなどごく当たり前の環境で育てることが重要である。そうすることで、自然な形で道徳観や協調性が育まれ、子どもは心豊かな「人間」となるのである。
 また、子どもには自然の中で体を動かす機会をもっと与えてあげよう。各種スポーツや「おにごっこ」など皆が一緒になって楽しむ遊びで汗を流し、バランスのとれた食事をとることで心身は育つ。これらは、人間として重要な知性と感性の健全な発育には欠かせないものだからである。


私とスポーツ少年団

◆教え子の伸びゆく姿に指導者としての喜び
コーチとして約1年(陸上少年団)
大橋早苗さん

大橋早苗さんの写真

 娘と一緒に陸上を頑張ってます。私自身も陸上少年団でお世話になり、全国大会にも出場することができたので、コーチの依頼があった時、恩返しの意味を含めて指導者となりました。
 まだまだ未熟ですが、教えたことを子どもたちが実践し、良い記録がでたりすると、指導者としての喜びを感じますね。


◆子どもの頑張りは私自身の活力となります
保護者として活動を支える(ミニバス少年団)
萩永真司さん

萩永真司さんの写真

 子どもとは、普段すれ違いの生活が多いので、休みの日は極力応援に出かけています。ミニバスは全くの素人でしたが、応援を重ねるうちに、ルールも覚え、競技としての楽しさも見出せるようになりました。
 子どもの頑張る姿は、親として頼もしく思えますし、私自身の活力にもなっています。


◆礼儀、努力、友情…etc.大切なことを学んだよ
思い出を胸に今春卒団(なぎなた少年団)
宮﨑那奈子さん

宮﨑那奈子さんの写真

 中学生になるので、なぎなた少年団とも、いよいよお別れです。なぎなたを始めてから、学校で「姿勢が良くなったね」とほめられてうれしかったです。
 3年間の少年団活動では、礼儀や努力など大切なことをたくさん学びました。また、学校以外の友達も増え、とっても楽しい思い出になりました。


◆少年団時代は楽しい思い出がいっぱい
ぎふ清流国体強化指定選手(バドミントン)
稲川義樹さん

稲川義樹さんの写真

 友達に誘われ、小学4年から始めたバドミントンですが、すっかり夢中になり、今もその魅力にハマっています。試合や練習のほか、遠征や夏合宿など少年団での経験はどれも楽しい思い出ばかりです。
 現在、国体での上位入賞目指し、日々練習に励んでいます。大会の時は、応援をヨロシク。


(平成23年3月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る