ページの先頭です

子宮がん検診を受けましょう

[2011年5月1日]

特定年齢の人には無料クーポン券を5月末に発送

 がん予防には、正しい生活習慣と定期的な検診が不可欠です。特に子宮がんの場合、検診が非常に有効で、2年に1度、検診を受けることで、がんを早期に発見できると言われています。
 市は、子宮がん予防のため、広報などでお知らせする集団検診のほか、委託した医療機関での個別検診も実施しています。個別検診は、5月から8月まで下のとおり行っています。
 また、平成23年3月31日現在で20・25・30・35・40歳の女性には、集団検診や個別検診に利用できる無料クーポン券を、5月末に送付します。早期発見のため、いずれかの検診を受けてください。
 詳しくは、大垣市保健センター(TEL 75-2322)へ。


<市内医療機関での子宮頸部がん個別検診>
・対象者 : 市内に住民登録がある20歳以上の女性
・受診期間 : 5月2日(月)~8月31日(水)
・受診料 : 頸部のみ500円、頸部および体部 1,000円 ※体部は問診の結果、医師が必要と認めた人のみ受診できます
・受診方法 : 申し込みは不要です。運転免許証や健康保険証など身分証明となるものを持参し、直接、下記の医療機関へ

◇大垣徳洲会病院(林町)
◇金森病院(荒尾町)
◇クリニックママ(今宿)
◇児玉レディスクリニック(高砂町)
◇髙木産婦人科医院(竹島町)
◇ハットリレディスクリニック(大井)
◇真鍋医院(花園町)
◇もりレディースクラブクリニック(河間町)
◇山岸マタニティクリニック(俵町)
◇山口産婦人科(静里町)


(平成23年5月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る