ページの先頭です

東日本大震災復興緊急保証

[2013年4月1日]

 この制度は、東日本大震災により直接又は、間接被害を受けた中小企業者を対象として、金融機関からの事業の再建又は、経営の安定に必要な資金の借り入れを行う場合、信用保証協会が保証する制度です。(一般保証、災害関係保証、セーフティーネット保証とは別枠)

 詳しくは、こちら(中小企業庁サイト) をご覧ください。

 

手続きの流れ

  1. 大垣市経済部商工観光課(2階)の窓口に東日本大震災復興緊急保証認定申請に必要な書類を提出し、東日本大震災の直接的影響を受けていることの認定申請を受けます。(認定には1日かかります)
  2. 認定書発行から30日以内に、希望の金融機関または岐阜県信用保証協会に認定書を持参のうえ、保証付き融資を申し込みます。

 ※ 当該認定は融資を確約するものではありません。

 

申込み方法

1 認定窓口

 大垣市経済部商工観光課(大垣市役所内2階)

2 認定申請書

内訳に関する書類の様式はこちら

3 必要書類

 1) 認定申請書2部、内訳に関する書類1部、理由書(任意の様式)1部

 2) 法人の方は商業登記簿謄本(原本)1部

 3) 決算書、確定申告書、帳簿等該当月の売上高が確認できる書類

※ 理由書については、東日本大震災の影響について、件数、金額、取引先等(住所、会社名、取引割合等)、具体的にご記入ください。

※ 取引先等との関係を疎明する資料、イベント等を予定していたことを疎明する資料等をお持ちください。

※ 2回目以降の申請の場合、前回の申請の際に頂戴した商業登記簿謄本の内容から変更がない場合に限り、前回の商業登記簿謄本にて確認させていただくことが可能です。また、認定事務迅速化のため、前回の申請書のコピーをお持ちください。

4 申込時期

 随時

 

 

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市経済部商工観光課[弘光舎ビル7階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る