ページの先頭です

大垣の水道水から放射性物質の検出なし

[2011年6月1日]

 福島第一原子力発電所の事故に伴い、東京都の水道水から放射性物質が検出されたことを受け、水道水の調査が各地で実施されています。
 市内においても安全な水道水の供給のため、5月9日に3か所で水道水を採取し、放射性物質の検査をしたところ、放射性ヨウ素および放射性セシウムは検出されませんでした。

<検体の水道水採取場所>
○北部水源地(大垣地域)
○時浄水場(上石津地域)
○墨俣第2水源地(墨俣地域)

 今後、北部水源地と墨俣第2水源地については隔週で、時浄水場については月に1回の検査を実施して、市ホームページで公表していきます。
 詳しくは、水道課(内線 572)でお尋ねください。

 

(平成23年6月1日号)

目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る