ページの先頭です

ご確認ください ワクチンの無料接種

[2011年6月1日]

小児用肺炎球菌・ヒブワクチン
 他府県における死亡事例の報告により、接種を一時見合わせていた「小児用肺炎球菌ワクチン」と「ヒブワクチン」。その後、詳細な調査が行われ、ワクチンの安全性が確認されたと国から通知がありました。
 市は、これに基づき無料接種を再開していますので、接種を希望する人(2か月~5歳未満の乳幼児が対象)は、医療機関にご相談ください。
 それぞれのワクチンは、肺炎球菌が引き起こす肺炎や、ヒブ(インフルエンザ菌b型)が引き起こす細菌性髄膜炎などの重篤な感染症を予防する効果があります。

子宮頸がん予防ワクチン
 子宮頸がん予防ワクチン(3回接種)は、小学6年生から中学3年生を対象に、今年2月から無料接種となりました。
 しかし、ワクチン不足のため、高校1年生に相当する人(平成7年4月2日~平成8年4月1日生まれ)の中には、未接種のまま対象から外れてしまった人がいます。
 このため、現在高校1年生に相当する人は、平成23年9月30日までに1回目を接種していただければ、残り2回の接種も無料となります。接種を希望する人は医療機関にご相談ください。

麻しん・風しん 予防ワクチン
 「麻しん」と「風しん」の第4期の接種対象が変わりました。
 これまでは、高校3年生に相当する人を対象としてきましたが、麻しんの海外からの持ち込みなどを防ぐため、修学旅行や研修などで海外へ行く機会のある高校2年生に相当する人も対象になりました。
 該当する人で接種を希望する人は、大垣市保健センターへご連絡ください。

 いずれも詳しくは、大垣市保健センター(TEL 75-2322)へ。

 

(平成23年6月1日号)

目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る