ページの先頭です

食中毒にご注意を!

[2011年6月1日]

 気温や湿度が高くなるこれからの季節は、食中毒に注意する必要があります。予防の3原則に注意しながら、家庭での食中毒を防ぎましょう。
 詳しくは、大垣市保健センター(TEL 75-2322)へ。


<予防の3原則>

(1)菌をつけない
・手はせっけんでよく洗い、乾燥した清潔なタオルでふく。
・包丁やまな板などの調理器具は、肉・魚・野菜などによって使い分け、食品を切るごとに洗う。また、使用後は洗剤で洗った後、流水でよくすすぎ、煮沸消毒や日光で紫外線殺菌する。

(2)菌を増やさない
・常温で2時間以上経過した食品は食べないようにする。
・冷凍食品は室温で自然解凍せずに、電子レンジなどで解凍する。
・食べ残した食品を冷蔵庫に入れる場合は、保管した日付を容器に記入するとともに、早めに食べる。

(3)菌をやっつける
・生食や半生食は控えて、食品の中心部までしっかりと75℃で1分以上加熱する。
・ノロウイルスによる食中毒を防ぐため、2枚貝を調理する際には、85℃で1分以上加熱する。

 

 

(平成23年6月1日号)

目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る