ページの先頭です

9月24日~30日は結核予防週間

[2011年9月15日]

 結核は過去の病気だと思われがちですが、日本では現在でも、1日平均で約70人が発症し、そのうち約5人が亡くなる恐い病気です。
 ただし、早期に発見できれば、治療は短期間で済みます。周りの人への感染を防ぐためにも、次のような症状がある場合などは、早めに検診を受けましょう。

<結核の主な症状>
○せき・たんが2週間以上続く
○微熱が続く
○体がだるい
○胸に痛みがある
○体重の減少が続く


結核・肺がん検診のご案内
日曜日・夜間に実施

・対象 : 【結核検診】65歳以上の人
       【肺がん検診】40歳以上の人
       【喀たん検査】50歳以上で喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が600以上の人または、40歳以上で6か月以内に血たんのあった人
・とき : (1)10月2日(日) 午前10時~午後3時
      (2)10月6日(木) 午後6時30分~7時30分
      (3)10月7日(金) 午後6時30分~7時30分
・ところ : (1)大垣城ホール ※「市民の健康広場」会場内で実施
        (2)大垣市保健センター
        (3)墨俣保健センター
・受診料 : 無料(喀たん検査のみ500円)
・問い合わせ : 大垣市保健センター(TEL 75-2322)へ


(平成23年9月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る