ページの先頭です

景観・橋の見所は?

[2011年9月27日]

 旧揖斐川橋梁の見所は、明治19年に製作された、当時としては最大級のトラス桁長200フィートのダブルワーレントラス橋ではないでしょうか。

 煉瓦造りの橋台と橋脚は、明治時代の建造物の特徴が色濃く残り、澄んだ揖斐川に今なお美しく映えています。

 橋上からの景観は、平行するJR東海道線の現在の橋と、季節ごとに変化する西の伊吹山と東の金華山ではないでしょうか。

橋上から東を望むと何かが見えるよ

煉瓦造の橋脚

この銘板を探してね

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市建設部道路課[弘光舎ビル3階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る