ページの先頭です

シリーズ(1) 平成24年4月から ごみの分別 変わります プラスチック製容器包装の収集

[2011年10月1日]

 市は、これまで「もえるごみ」として焼却処理してきたプラスチック製容器包装の有効利用を図るため、リサイクルセンターを建設中です。来春の同センターの稼働に合わせ、平成24年度からはプラスチック製容器包装の収集も始まります。
 そこで、今号から収集の仕組みや疑問点などをシリーズでお知らせします。

<今回のテーマ:リサイクルの流れ>
 プラスチック製容器包装のうち、「ボトル・カップ・トレイ(パック)類」は、平成24年4月1日から新たな分別品目として追加し、月2回の「プラスチック製容器包装の日」を設けて、分別収集します。
 集められたボトル・カップ・トレイ(パック)類は、現在建設中のリサイクルセンターに搬入され、異物を取り除き、圧縮・梱包したのち、再商品化事業者に引き渡し、鉄をつくるときの還元剤や燃料ガス、プラスチック製品の原材料などとして再利用されます。

<問い合わせ> クリーンセンター(TEL 89-4124)

 

プラスチックリサイクルマーク


(平成23年10月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る