ページの先頭です

シリーズ(2) 平成24年4月からごみの分別変わります プラスチック製容器包装の収集

[2011年10月15日]

 来春のリサイクルセンターの稼働に合わせ、平成24年度から始まる「プラスチック製容器包装の収集」――。
 ここでは、収集の仕組みや疑問点などをシリーズでお知らせします。

<今回のテーマ:プラスチック製の何を収集?>
 プラスチック製の容器や包装は、日常生活のいたるところで目にします。このうち市が来春から収集するのは「ボトル・カップ・トレイ(パック)類」で、これらの製品には、リサイクルを促す認識マーク(下)が付いています。具体的には、次のものが挙げられます。

・ボトル類…食用油、ドレッシング、洗剤、シャンプーの容器など
・カップ類…カップラーメン、豆腐、プリン、ゼリーの容器など
・トレイ(パック)類…食品用トレイ、弁当や卵のパック、納豆の容器など

 なお、プラスチック製容器の代表ともいえるペットボトルは、すでに分別収集を行っていますので、これまでどおり「もえないごみ」の日に、ペットボトル回収容器に入れて出してください。
 また、白色トレイはスーパーなどでも店頭回収しています。いずれをご利用いただいてもかまいません。
 詳しくは、クリーンセンター(TEL 89-4124)でお尋ねください。
 

プラスチックリサイクルマーク


(平成23年10月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る