ページの先頭です

平成23年度第3回大垣市こどもIT講座「iPhoneアプリのプログラミングを体験しよう!」を開催しました!

[2011年11月1日]


 平成23年10月29日(土)、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)で、平成23年度第3回大垣市こどもIT講座「iPhoneアプリのプログラミングを体験しよう!」を開催しました。

 講座には、市内の中学生13人が参加し、MACパソコンを使用して、iPhoneのプログラムが簡単にできる「Mobilizing」の使い方の説明を受け、最後には自分オリジナルにカスタマイズした「バランスボール」アプリを作成しました。

講座の様子

講座内容の説明

講座の様子1


 講師の先生方の挨拶からスタート。
 
 メイン講師の岐阜県立国際情報科学芸術アカデミーDSPコース栗山さんから講座内容の説明。

 今回は、この講座で使用するMobilizing(モバイライジング)や、iPhoneアプリを作成するために必要なも等の説明。
 

各種センサーを使用したプログラミングの体験

講座の様子2


 まずは、Mobilizing(モバイライジング)を使ったプログラム操作の説明を受けながら、iPhoneが持っている『加速度センサー』を使い、黄色の三角を描いたサンプルプログラムを試しました。

 参加者全員がサンプルプログラムを、iPhoneに実装し、加速度センサーを体験しました。
 

 


加速度センサーを使った「バランスボール」プログラムの体験

講座の様子3


 次は、加速度センサーの使い方を応用させて、「バランスボール」のサンプルプログラムを、iPhoneに実装!
 
 少しのプログラムで動くiPhoneを手に、受講者は楽しそうに動かしていました。

「バランスボール」プログラムを各自でアレンジ

講座の様子4


 「バランスボール」プログラムを各自でアレンジして、オリジナルのiPhoneアプリを作成!

 講師の先生の方々にアドバイスを受けながら、加速度センサーの値や、画像を変更して、動かすことができました!

 傾けた方向と逆に動くボールや、すごく早く動くボール等
 受講者全員が思い通りに動くプログラムを作成できました。

みんなのプログラムした「バランスボール」を見てみよう

講座の様子5


 ボールの動く速度や背景、サウンド等をカスタマイズした自分オリジナルのプログラムを、受講生がそれぞれ見せ合い楽しみました!

 受講生からは「早くて、難しい!」等の声が聞かれました。

参加された受講者の作品

作品一覧

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部情報企画課[大垣市職員会館4階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る