ページの先頭です

新春マラソンに2500人 中心市街地を快走

[2012年1月15日]

「一般・高校の部」のスタート

「一般・高校の部」のスタート


 「城下町おおがき新春マラソン2012」が1月3日、中心市街地で開かれ、約2,500人が走り初めを楽しみました。
 中心市街地の「にぎわい創出」の一環で、大垣市商店街振興組合連合会や大垣市陸上競技協会などで組織する実行委員会(田中良幸委員長)が主催し、今年で4回目の開催となりました。
 中学生の部(3キロメートル)、小学生の部(3キロメートル)、一般・高校の部(5キロメートル)、ウォーキング・ジョギングの部(2キロメートル)の4部門に分かれ、午前10時から大垣城ホール前を順次スタート。参加者は白い息をはきながら、大垣駅通り、本町通りなどを回り、大垣公園前のゴールを目指しました。
 沿道では、ゲストランナーの千葉真子さんや川上直子さんのほか、大勢の市民が力走する参加者を応援。完走証・完歩証を受け取った参加者らは、商店街の皆さんによって振る舞われた、うどんや白玉ぜんざいなどを味わったほか、かみいしづ温泉の足湯で体を温めて、疲れを癒やしました。
 当日は天候に恵まれ、お正月の中心市街地は、心地よい汗を流した参加者や大勢の家族連れらでにぎわいました。

新春マラソンキャラクター「かきラン」

新春マラソンキャラクター「かきラン」

商店街の皆さんによる振る舞い

商店街の皆さんによる振る舞い


(平成24年1月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る