ページの先頭です

シリーズ 景観遺産

[2012年2月1日]

 市が指定した「大垣市景観遺産」の魅力をシリーズで紹介しています。

(15)津島神社の社叢 所在地:上石津町奥185-1

津島神社の社叢


 上石津町奥地区にある津島神社は、延宝元年(1673年)の棟札がある古い神社です。
 神社背後の鎮守の森は、原生林に近く、樹種がとても豊富なうえ、うっそうと茂っており、神域を感じさせる見事な社叢を形成しています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(16)大神神社 所在地:上石津町宮194-1

大神神社

 上石津町宮地区にある大神(おおみわ)神社は、延長5年(927年)に編纂された「延喜式神明帳」にも記載されているほど歴史が古く、社格の高い神社です。
 境内には、幹の周囲が5メートルもある大きな杉の古木が何本も立ち並び、実に荘厳な神域をつくっています。境内を取り囲むように茂るこの社叢は、県の天然記念物にも指定されています。


(平成24年2月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る