ページの先頭です

60歳以上の皆さん 「かがやきクラブ大垣」で絆を深めませんか

[2012年2月1日]

 「かがやきクラブ大垣」は、大垣市老人クラブ連合会の愛称です。同クラブは、市内にある240の単位クラブで組織されており、会員数は約16,000人。「健康」「奉仕」「友愛」「趣味・生きがい」などをテーマに、さまざまな活動を行っています。
 60歳以上の皆さん、健康・生きがいづくりや、まちづくり活動、趣味などを通じて、同年代の仲間との絆を深めませんか。
 詳しくは、同クラブ事務局(TEL 73-7775、スイトピアセンター学習館3階、毎週火・土・日曜日は休み)または、高齢介護課(内線 488)へ。


<テーマ:健康>
軽スポーツ大会、体育大会、歩け歩け大会、ゴルフコンペなど

軽スポーツ大会


<テーマ:奉仕>
ぎふ清流国体・ぎふ清流大会会場の清掃、福祉施設の訪問、雑巾の寄贈など


<テーマ:友愛>
おたがいさま訪問、下校時の児童見守り活動、三世代交流会など

おたがいさま訪問

<テーマ:趣味・生きがい>
芸能大会、美術・文芸作品展、パソコン研修、親睦旅行など
芸能大会


「ミナモティッシュケース」4,250個を製作・贈呈
 かがやきクラブ大垣女性部の皆さんが製作された「ミナモティッシュケース」4,250個の贈呈式が、1月13日に行われました。
 同ケースは、芭蕉姿や競技を行うミナモがデザインされた生地を裁断・縫製するなど約4か月間かけて製作されたもの。歓迎・応援メッセージとともに、全国から訪れる「ぎふ清流国体」の選手などに大会記念品として贈られます。
小川市長に「ミナモティッシュケース」を手渡す冨田会長(中央)と長澤副会長(右)

小川市長に「ミナモティッシュケース」を手渡す冨田会長(中央)と長澤副会長(右)


(平成24年2月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る