ページの先頭です

対策はお早めに 花粉症予防のススメ

[2012年2月1日]

 春が近づくにつれてやってくる花粉症の季節。予防・症状の軽減のために、毎日の生活を工夫してみましょう。

◆花粉症の症状
 主な症状には、くしゃみ、水様性の鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、涙、目のゴロゴロ感などがあります。
 この他にも、のどのかゆみや咳、皮膚のかゆみ、全身のだるさ、発熱がある人もいるなど、風邪の症状と似ている場合もあります。

◆日常生活で行う花粉対策
◇花粉情報に注意する
◇花粉の飛散が多いときは、外出を控える
◇息のしやすいマスク、眼鏡、帽子などを着用して外出する
◇毛織物などの花粉が付きやすい素材を避け、綿やポリエステル素材の上着を着用する
◇帰宅時、玄関先で衣服や髪に付いた花粉をしっかり払う
◇帰宅後、すぐに手洗いや洗顔、うがいをし、さらに鼻をかむ
◇換気のため窓を開けるときは、できるだけ小さく、短時間にする
◇洗濯物は、屋内に干す
◇拭き掃除をこまめに行ったり、空気清浄機を利用したりして室内を清潔にする

マスク

◆花粉症の治療はスピードが命
 花粉症の症状が出たら、なるべく早めに治療を受けましょう。症状が重くなってからでは、薬が効きづらくなります。
 また、薬による治療は、花粉が飛び始める前から服用を始めると効果的で、治療期間も短くなると言われています。


(平成24年2月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る