ページの先頭です

知っておこう! インフルエンザ

[2017年12月1日]

 毎年、この時期から流行の拡大が予想されるインフルエンザ。

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
 38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。また、伝染性が非常に強く、高齢者や乳幼児、免疫力の低下している人は、重症化しやすいので、特に注意が必要です。

 

インフルエンザ予防について ~かからない・うつさないために~

(1)感染経路を断つ
・できるだけ人混みを避けましょう。
・外出後の流水・石鹸による手洗いをしましょう。インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も
 効果があります。
・こまめに部屋を換気しましょう。
・室内では、加湿器等を使って適度な湿度(50~60%)を保ちましょう。
・外出時は不織布(ふしょくふ)製マスクをつけましょう。(咳エチケット)

(2)抵抗力をつける
・バランスのとれた食事と睡眠を十分とり、適度な運動を心がけましょう。

(3)流行前のワクチン接種
 ※予防接種は、感染後に発症する可能性を低減させる効果と発症した場合の重症化防止効果がありますが、
   接種したからといって発症しないわけではありません。

インフルエンザかな?と思ったら…

(1)具合が悪ければ早めに医療機関を受診しましょう。

(2)安静にして、休養をとりましょう。特に睡眠を十分にとることが大切です。

(3)水分を十分に補給しましょう。お茶でもスープでも飲みたいもので結構です。

(4)咳やくしゃみ等の症状のある時は、周りの方へうつさないように、不織布(ふしょくふ)製マスクを着用しましょう。

(5)人混みや繁華街への外出を控え、無理をして学校や職場等に行かないようにしましょう。

※小児、未成年者では、インフルエンザの罹患により、急に走り出す、部屋から飛び出そうとする、ウロウロと歩き回る等
 の異常行動を起こすおそれがあります。自宅で療養する場合は、インフルエンザと診断され治療が開始された後、少なくとも
 2日間は、小児・未成年者が一人にならないなどの配慮が必要です。

○    詳しくは、『厚生労働省 平成29年度 インフルエンザQ&A』を参照ください。

岐阜県チラシ『インフルエンザ かからないため 広めないため』

厚生労働省 H29インフルエンザ啓発ポスター

厚生労働省 平成29年度 今冬のインフルエンザ総合対策について

厚生労働省 平成29年度 インフルエンザQ&A

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部保健センター

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


知っておこう! インフルエンザへの別ルート

ページの先頭へ戻る