ページの先頭です

3月は自殺対策強化月間 みんなで守る大切な命

[2012年3月1日]

 国内の自殺者数は、平成10年から14年連続で3万人を超えています。自殺未遂者数はその10倍と言われ、自殺は誰もが直面する可能性がある身近な問題になっています。
 自殺の原因は、健康問題や経済・生活問題などさまざまですが、その背景には「うつ」などの心の病気があることが少なくありません。自殺を防止するためには、家族など身近な人が、早期に自殺やうつ病のサインに気付いてあげることが大切です。

≪自殺やうつ病のサイン≫
・以前と比べて表情が暗く、元気がない
・体調不良や不眠の訴えが多くなる
・仕事や家事の能率が低下、ミスが増える
・家族や友人など周囲との交流を避けるようになる
・遅刻、早退、欠勤(欠席)が増える
・食べる量が極端に少なくなる・飲酒の量が増える

≪サインに気付いたら≫
・本人の気持ちを尊重し、耳を傾ける
・温かく寄り添いながら、じっくりと見守る
・早い段階で医師や専門家に相談する
 

相談機関
西濃保健所
「こころの相談」
TEL 73-1111(内線 273)
毎月第2木曜日 午前10時~11時 【要予約】
大垣市保健センター
「こころの健康相談」
TEL 75-2322
毎月第2火曜日 午前9時~11時 【要予約】

(平成24年3月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る