ページの先頭です

奥の細道むすびの地記念館 開館記念企画展「松尾芭蕉が愛した大垣」を開催します

[2012年4月1日]

松尾芭蕉が愛した大垣

 平成24年4月8日に開館する 奥の細道むすびの地記念館。その開館記念企画展として「松尾芭蕉が愛した大垣」展を開催いたします。
 本企画展は『野ざらし紀行』と『奥の細道』の旅で、大垣を訪れた際の芭蕉の動静、芭蕉と大垣俳人たちとの心温まる交流の様子などを、芭蕉真蹟資料を含む約40点の作品によって紹介いたします。
 また、関連イベントとして、企画展示解説や監修者による講演会も開催いたします。皆様、お誘い合わせの上、ご来館ください。

会期

 平成24年4月8日(日曜日)から5月20日(日曜日)

開館時間

 9時00分から17時00分

休館日

 無休

会場

 奥の細道むすびの地記念館
 (岐阜県大垣市船町2丁目26番地1)

入館料

 一般:300円
 団体(20人以上):150円
 高校生以下:無料

【共通入館券】(奥の細道むすびの地記念館、大垣城、郷土館、守屋多々志美術館の4館に入館できます)
 一般:600円
 団体(20人以上):300円

【年間パスポート】(1年間、奥の細道むすびの地記念館に何度でも入館いただけます)
 1,000円

展示作品

 小川破笠筆「松尾芭蕉像」(早稲田大学図書館蔵、後期)
 谷木因宛芭蕉書簡(貞享2年3月26日付)(柿衞文庫蔵、前期)
 宮崎此筋・岡田千川宛芭蕉書簡(元禄3年4月10日付)(今治市河野美術館蔵、前期)
 「奥の細道」(寛政版)版木(奈良大学博物館蔵)
 「奥の細道」(寛政初版本)(個人蔵) ほか

※前期(4月8日から4月30日)、後期(5月1日から5月20日)で展示資料の一部が入れ替わります。

主催

 大垣市・大垣市教育委員会
奥の細道むすびの地記念館 開館記念企画展「松尾芭蕉が愛した大垣」

企画展示解説

日時

 平成24年4月8日(日曜日)、4月15日(日曜日)
 15時00分から(30分程度)

参加料

 無料(ただし入館料が必要)

申し込み

 事前申し込みなどは不要です。
 

開館記念講演会

日時

  • 平成24年4月22日(日曜日) 14時00分から15時30分
  • 平成24年5月20日(日曜日) 14時00分から15時30分

会場

 奥の細道むすびの地記念館 多目的室

講師

【4月22日】
 塩村 耕(名古屋大学大学院教授)
【5月20日】
 佐藤 勝明(和洋女子大学教授)

演題

【4月22日】
 『奥の細道』大垣章段と『紙衾記』
【5月20日】
 『蕉風の胎動と木因』

受講料

 無料(要事前申し込み)

定員

 各80人

申し込み方法

 市内主要施設に設置されているチラシ、または当ページからチラシを印刷し、裏面に必要事項を記入して、文化振興課へ郵送・持参・ファックスしてください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市教育委員会事務局文化振興課[北庁舎3階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


奥の細道むすびの地記念館 開館記念企画展「松尾芭蕉が愛した大垣」を開催しますへの別ルート

ページの先頭へ戻る