ページの先頭です

子宮頸がん・ヒブ・小児用肺炎球菌 ワクチン接種は無料です

[2012年4月1日]

 下記の予防ワクチンは、無料で接種が受けられます。対象は、接種日に市内に住民登録または外国人登録がある、各ワクチンの接種対象者。医療機関(市HPに一覧を掲載)へ予約してから、接種してください。
 詳しくは、大垣市保健センター(TEL 75-2322)へ。


≪子宮頸がん予防(HPV)ワクチン≫
・接種対象者 : 小学6年生~中学3年生の女子
         ※新高校1年生は、平成24年3月31日までに初回の接種を受けていれば、残り2回の接種も助成対象になります
・接種回数 : 3回
        ※新高校1年生は、平成24年3月31日までに初回の接種を受けていれば、残り2回の接種も助成対象になります
・持ち物 : 母子健康手帳、予診票(医療機関に設置)
       ※手帳がない人は、接種後に医療機関で接種済証を受領してください
・備考 : 被接種者が中学1年生以上で、やむを得ず保護者が同伴できない場合は、同意書(予診票の裏面)に記入・押印してください
・注意事項 : 予防接種のスケジュールなどについては、医師にご相談ください。被接種者に健康被害が生じたときは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の救済制度を活用します


≪ヒブ(インフルエンザ菌b型)ワクチン≫
≪小児用肺炎球菌ワクチン≫
・接種対象者 : 2か月~5歳未満の乳幼児
・接種回数 : 1~4回(接種回数は開始年齢により異なります)
・持ち物 : 母子健康手帳、予診票
・備考 : やむを得ず保護者が同伴できない場合は、委任状(予診票の裏面)に記入・押印してください
・注意事項 : 予防接種のスケジュールなどについては、医師にご相談ください。被接種者に健康被害が生じたときは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の救済制度を活用します


(平成24年4月1日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る