ページの先頭です

競技種目紹介 卓球(身・知)※サウンドテーブルテニスを含む

[2012年5月15日]

 ぎふ清流大会の卓球競技には、身体障がいや知的障がいのある選手が参加する卓球と、視覚障がいのある選手が参加するサウンドテーブルテニスがあります。
 卓球は、基本的には通常の卓球と同じですが、障がいの区分や状態によってルールが緩和されています。
 サウンドテーブルテニスは、卓球台のネットの下を金属球の入ったボールを転がし、その音を頼りにしてラバーが張られていないラケットで打ち合います。
 また、障害によるハンディを調整するため、試合中、選手はアイマスクをします。自分が打った球が打ち返されずに相手のコートエンドの縁に当たると得点になります。

 

ミナモ 卓球 サウンドテーブルテニス


(平成24年5月15日号)

≫目次へ戻る

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る